1曲だけで「3000円」!? バンド結成の坂口杏里に辛辣な声

(C)Melanie Lemahieu / Shutterstock

タレントからセクシー女優、その後はデリヘル嬢へ転身し、現在は再び芸能界復帰を目指している坂口杏里が、来る4月24日に東京・新宿でトーク&ライブイベントを行う。坂口は自身のSNSを通じて宣伝をしており、イベントでは、今年1月にオーディションで集めたバンドのメンバーと〝1曲のみ〟歌を披露するという。

ファンからは「がんばってください!」「遠方より応援してます!」などと励ましの言葉が届いたようだが、相変わらずネット上では、

《金と時間の無駄 そんなイベントやる暇があるならボイトレするなりギターの練習するなりするのが先じゃない?》
《3000円も取るんですね 300円の間違いでは》
《うーん、あなたって何かやっぱズレてるよね》
《このなかなか歌が売れない時代に何でこんな金払ってこいつの歌を聞きに行く奴がおるわけ??》

などとボロクソだ。また、結成したバンドについても、

《バンドメンバーをホストと勘違いして手出しそう》
《何でもいいから話題にされて顔と名前を売りたかった人たちかしら》
《メンバーたちは杏里のことどう思ってるのかな? 内心バカにしてそうじゃん》
《とりあえず注目はされるだろうからね。 メンバーは坂口がどうとかじゃなく、世に出るいいチャンスと思ってるのかも》

などと、こちらも〝揉め事〟が起きるのではと予想されている。

 

取材陣からもチケット代を徴収

坂口はメディアに対し「質疑応答があるのでぜひとも足を運んで下さい」と呼び掛け、けなげさをアピールしているが、一部芸能サイトによれば、昨年12月の彼女のイベントでは、集まった取材陣を呆れさせる一幕があったと報じている。事前に『マスコミ等の方々が来られる際、囲み取材可能です。ですが、今回【芸能界復帰】という項目なので、囲み取材をやる際に【芸能界復帰】という質疑応答以外をした場合、囲み取材を即終了させていただきます』と強気のアナウンスをしておきながら、結局は囲み取材が行われず、しかも観客と同じチケット代3000円を徴収するという前代未聞の対応を取ったというのだ。

坂口はSNSで「ライブハウスは初!」「不安」などと吐露しているが、これだけ前代未聞の対応ができるなら何が起きても乗り切るれるに違いない。

 

【あわせて読みたい】