「出産なめんな!」セクシー女優・蒼井そら“生中継”に呆れ声が続出

(C)LightField Studios / Shutterstock

妊娠37週目での双子の計画出産(帝王切開手術)を予定している元セクシー女優・蒼井そらが4月12日、オフィシャルブログを更新。出産当日の様子を『AbemaTV』にて生中継することを発表し、ネット上では妊娠発表のとき以上に辛辣な声が相次いでいる。

昨年末にオフィシャルブログで妊娠を報告した際、世間から厳しい言葉や意見などが蒼井のもとに多く寄せられた。中には「あんたみたいなのが子どもを作るなんて親のエゴだよね」というヒドい言葉もあったらしく、これに対して蒼井は、

《親のエゴじゃなく生まれて来る子なんて逆にいるのかよ。って思ったし》
《幸か不幸かは子ども本人が決めることであって、他人が意見することではないと私は思いました》

などと強気に反論。

今回、自身のドキュメンタリー生中継のオファーを承諾した経緯としては、

《生まれてくる子どもたちには〝こんなにも望まれて生まれてきたんだよ〟という証しを残したいな》

という思いを抱いていたからだと明かした。

 

蒼井もAbemaも火だるまに

番組では、出産約3カ月前からの密着取材の様子も放送されるようだが、ネットではますます批判の声が殺到し、蒼井は火だるま状態に。

《やばいね やっぱAV女優って感覚違うんだね》
《自己顕示欲すごいねww》
《望まれて生まれてくる証しが公開出産って定義が、私には一生分かりません》
《こういうの、変態って言うんだよね。頭おかしいとしか思えないや。気持ち悪い》
《当たり前に無事に出産できると思ってるのか。万が一の事があったら放送事故だよ》

また、製作を持ち掛けた「AbemaTV」にも飛び火しているようで、

《アベマも頭おかしいわ。何があるか分からないのによく生中継許可されたね》
《当たり前に無事に出産できると思ってるのか》
《双子でしょ? トラブル起きやすいし生配信なんてやめた方がいいんじゃないの》

などといった否定的な声であふれかえっている。

「蒼井といえば、日本だけでなく中国や台湾、韓国などのアジア各国でも高い人気を誇っています。今年2月より海外からの視聴に対応し始めた『AbemaTV』は、そんな蒼井の国際的な人気を利用して、各国から注目を集めるために必死なのでしょう」(芸能ライター)

〝令和初の双子〟を計画しているらしい蒼井。出産後も世間の風当たりは変わらず強そうだ…。

 

【イメージ画像】

(C)LightField Studios / Shutterstock

【あわせて読みたい】