『めざまし』人気者・高見侑里の結婚を“歓迎”するフジテレビの思惑

(C)Jacob Lund / Shutterstock

去る4月12日、〝ペコちゃん顔〟で人気抜群のフリーアナ・高見侑里が、ロックバンド『flumpool』(フランプール)のベーシスト・尼川元気と結婚したことが報じられた(入籍は3月31日)。彼女はフジテレビを中心に活躍。現在も『めざましどようび』に出演中で、根強い人気を誇っている。

「高見は最初からフリーですが、局アナ以上に人気がありました。同じ事務所で、幼い雰囲気が人気の皆藤愛子と〝双璧〟という存在です。特に高見は小顔で丸顔、大きくないのですが微妙なエクボがかわいいと評判なのです」(女子アナライター)

高見は立教大学時代から学生キャスターとして活躍。『めざにゅ~』『めざましテレビ』に出演し、そのときの人気を買われて2016年に『めざましテレビ アクア』のメインMCに抜擢されている。現在はコーナー担当として『めざましどうようび』に出演中だ。

「正直、人気はフリーアナの中でも抜きん出ていましたね」(同・ライター)

 

音楽業界との繋がりを重視?

随分と急に思えた今回の結婚発表は、どうやらフジテレビの思惑が大きく動いているようだ。

「〝めざまし〟系の番組に既婚者はいりません。新人は初々しさで、中堅は〝独身アナとしての魅力〟で売っています。女子アナはアイドルですから、『結婚しました』は完全に外れ道です。とはいえ、高見の相手は音楽界の大物で有名人。だから、リーク話でも十分に話題になる。高見本人は結構喜んでいるようですし」(フジテレビ関係者)

ただし、高見にとってはマイナス面が否めない。彼女の爽やかさに癒やされていた多くのファンが離れていくことは確実だろう。

「局としては、長年の付き合いのある高見の人脈をうまく生かし、音楽番組への力添えを画策しているという話もありますね」(同・関係者)

フジテレビにとって高見の結婚は〝痛い〟わけではなさそうだ。