カンニング竹山「一般人との握手が嫌い」告白で批判続出

カンニング竹山 

(C)まいじつ

4月15日放送の『石橋貴明のたいむとんねる』(フジテレビ系)にカンニング竹山がゲスト出演した。自身を潔癖だという竹山は「これを言っていいのか…」と控えめに「ファンから握手を求められるのが嫌だ」と明かしたが、これに視聴者から反発する声が聞かれた。

この日の放送は「潔癖な人の生態に迫る」というテーマ。「こんななり(格好)ですけど、潔癖」という竹山は、汚いと感じる例としてサウナを挙げた。サウナ内にタオルが雑然と並んでいるのを見ると「ウンコが付いていると思っちゃう」と嘆き、きれいに並べるクセがあると明かした。

たとえ妻が相手であっても「回し飲み」はできない、ソフトクリームを回して食べる行為もできないなどと、石橋と竹山は潔癖なりの〝こだわり〟を披露した。

 

「(自分が言わなければ)悪しき習慣はなくならない」

続けて竹山は言いづらそうな表情をしながら「握手が嫌い」とポツリ。「写真ならいいが…」と前置きしながら「(握手を求めてくる相手が)何を触ってるか分からない」「(他の)芸能人は我慢しているが、悪しき習慣はなくならない」などと嫌悪感を示した。AKBグループでは握手会が一般的に行われていることを石橋から指摘されると、竹山は「AKBの握手はいいと思うんですよ…(一般人は)触りたいと思うんですよ」と肯定したが、自身が握手を求められることは嫌だと持論を展開し続けた。

放送を受けて、視聴者は一様に首を傾げていた。中には竹山と握手を交わした経験を持つ視聴者が、嫌味半分で竹山に謝るツイートも。

《竹山さんは潔癖なんじゃなくてきれい好きなんじゃないかな?》
《分かるけど、そこまでになっちゃうとつらくないか?》
《憲さんのライブで竹山さんと握手&腕組みしたよ!! ごめんね竹山さん!!》
《潔癖なんて限度があるんだから、ある程度で妥協すればいいのに…》

中には「竹山に言われても説得力がない」と竹山をたたく声もあった。

仮に竹山と鉢合わせしても、握手は求めない方がよさそうだ。

 

【あわせて読みたい】