『緊急取調室』天海祐希VS松井珠理奈“笑い”を誘いかねない違和感

天海祐希 

(C)まいじつ

女優・天海祐希主演のテレビ朝日木曜ドラマ『緊急取調室 SEASON3』が、初回視聴率15.2%と好スタートを切った。4月18日に第2話が放送されるが、『SKE48』の松井珠理奈がゲスト出演するということで、引き続き高い数字が期待されている。

「天海は刑事で取調官・真壁有希子役。今回のゲスト松井が演じるのは、殺人事件の被疑者になる将棋界の新女王・橘日名子です。取り調べ室で天海と対峙するのですが、真剣な刑事ドラマの中に笑いを誘いかねない〝違和感〟がある。宣伝写真が〝いい味〟を出しているのです」(AKBライター)

そのシチュエーションはどんなものかと言えば、

「座って取り調べを受けるのですが、それを見る限り、長身の天海の顔が小さく見える。ネット上では『珠理奈の存在感抜群』とまで言われています。天海は元宝塚の男役トップスターで171センチと背が高いことでも知られている。その天海の顔が小さく見えるというのも、ある意味〝ドラマ〟です」(同・ライター)

 

今期ドラマ断トツの視聴率だが…

天海の役柄は、警視庁捜査一課に属する「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」の刑事。女性初の捜査一課特殊班(SIT)の長として活躍するも、ある事件で犯人との交渉に失敗し、キントリに配属された。

「元来、怖い先生役やキリッとした役が似合うのが天海です。別にモデルのように小顔というわけでもなく、男性のような迫力が売り物のです。でも、松井と並んで撮影すると、松井の〝迫力〟ばかりに目がいってしまいます。2人の対面での取り調べは、妙な見どころとして話題です」(ドラマライター)

松井は身長163センチ。天海の方が8センチ大きい。対面で座っている宣伝写真からは、それほどの差を確認できないが…。

「撮る角度もあるのでしょうが、松井の方が座高が高く見える。松井からにじみ出る『総選挙1位』ならではの〝ド迫力〟はさすがです。ただ、コレがウケればいいのですが、視聴率が急激に下がれば〝話題作りの喜劇〟と批判されかねません。制作側は勝負に出ましたね」(同・ライター)

すでに始まっているドラマの中では断トツの数字をたたき出した〝キントリ〟だが、果たして吉と出るか凶と出るか。

 

【あわせて読みたい】