りゅうちぇる“新アルバム”が「初登場45位」案の定な大爆死!

りゅうちぇる 

(C)まいじつ

タレントのりゅうちぇるが「RYUCHELL」名義でアーティスト活動を始めたのは昨年の2月。今年4月10日に初のアルバム『SUPER CANDY BOY』をリリースしたが、案の定〝大爆死〟を遂げている。

「アーティスト活動するにあたり、『僕の大好きな世界観をしっかり知ってもらい、バラエティーでは伝えられない〝ハッピーなりゅうちぇる〟に至るまでの過程をメッセージとして歌で伝えたい』『みんなに共感されるバランスを意識して作品を作る』など、いっちょ前のコメントをしていたりゅうちぇる。『売れるわけない』との批判にも反論していましたが、結果は〝案の定〟ですよ…」(音楽誌ライター)

4月22日付(2019年4月8日~14日)のオリコン週間アルバムランキングによると、りゅうちぇるのアルバムは1146枚を売り上げて初登場45位。今までのプロモーションなどを考えると、そのコケっぷりは凄まじい。

 

全国を回って‟手売り”も結果が…

「今回のアルバム発売にあたって、原宿でアートワーク店を開催し、テレビでも宣伝。さらに、全国のイオンモールなどを回り、発売記念イベントを敢行。アルバムを購入したファンと2ショット撮影会をしていましたね。ここまで手売りでさばいて、1146枚と考えると、普通に購入した人はほとんどいないレベル。アルバムも2000円と安く、りゅうちぇるとの2ショット権を2000円で購入した人が、1000人程度いただけと考えていいでしょうね」(同・ライター)

今後もりゅうちぇるは、全国のイオンモールを回るスケジュールが組まれている。

「事務所としてはこの赤字分を、りゅうちぇるの足で補うということでしょう。もともと売れる見込みのないアーティスト活動でしたが、りゅうちぇるの強い熱意で渋々OKした事務所。本人のワガママに付き合ってあげたのは、2~3年前の全盛期にたんまり稼がせてもらったから。もうサポートはしないでしょうね」(芸能記者)

売れると思っていたのは、本人だけのようだ。

 

【あわせて読みたい】