坂上忍「ネットは見ない」発言に批判殺到「人をたたくクセに自分は…」

坂上忍

(C)まいじつ (C)まいじつ

4月17日放送の『バイキング』(フジテレビ系)で、番組MCの坂上忍が「ネットは絶対に見ない」と発言したことが話題になっている。

番組内で、麻薬取締法違反で起訴されたピエール瀧被告が所属する『電気グルーヴ』の音源配信停止・CD出荷停止などの撤回を求め、約6万4000人の署名が集まったことを取り上げた際に、この発言が出た。

自粛の是非について議論している中、ジャーナリストの佐々木俊尚氏が、日本社会は同調圧力があるとして「インターネットって特に声の大きい人が目立ってしまい、多いように見えてしまう」「声が大きい人がいるとそっちになびいてしまう」と指摘。

すると、おぎやはぎの小木博明が「バイキングもすごいたたかれてるじゃないですか」と話し、坂上が「俺はもう絶対ネットなんか見ないから。ネット見た途端、俺は涙流して泣いちゃうかもしれないから」と発言したのだ。

小木が「ネットでちらちら見るとすんごいたたかれてるんですよ。あれ周りがみんな抹殺しようとしてるわけです。バイキングを。普通の企業なら『そんなに言われてるんだったら直していこう』ってなるのに、ここの人たち頭悪いのか変えないんすよね」とイジると、坂上は笑顔で「変えません。ブレないの」と返した。

 

「たまにはエゴサしろ」の声多数

坂上の発言にネットからは、

《ちょっとは見ろや》
《たまにはエゴサして世間の声を聞け》
《こいつに限ってはネット見た方がいい 尋常じゃない嫌われようを自覚してほしい》

などと総ツッコミ。中には、

《この人に限ってはちょっとは見てほしい。人に散々言うのにそこはガラスのハートなのね》
《人はたたくが、自分がたたかれるのは嫌だと? 何だそれ?》

など、坂上の小心ぶりに呆れる声もある。

「坂上は以前、『オリコン』の取材で『1人でも多くの方に見ていただきたいので、そのためにも自分が思ったことを言い続けたい。コンプライアンス的にも厳しいこの時代、ギリギリのところで、生感、ライブ感を出していけたら』と語っています。坂上の奮闘が実を結んだのか、『バイキング』の視聴率は上昇。『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)と同時間帯の民放視聴率2位の座を争っています」(芸能記者)

しかし、3月で番組レギュラーの『サンドウィッチマン』とYOUが卒業。他にもIKKOと橋本マナミも3月いっぱいで番組から降板している。「バイキング」は昨年3月にも森泉と『アンガールズ』の山根良顕、『雨上がり決死隊』、同年9月に小籔千豊が卒業するなど、目立ったペースで番組卒業が続いている。

これには坂上のパワハラが理由では? と囁かれているが、元レギュラーの小藪はAbemaTVで「(自分の発言に対し)坂上さんが明らかに嫌な顔をしているときがある。心が折れるときがある」と意味深な発言をしていた。

坂上が聞く耳を持たないのは、一般人相手だけではないのかもしれない。

 

【あわせて読みたい】