法改正の転機となった“平成の凶悪事件”3つとその後…

(C)gualtiero boffi / Shutterstock

世間を震撼させた事件が『平成』には多く発生した。各メディアの報道は、事件からしばらくたつとぱったり消えるため、〝事件のその後〟を知らないという人は多くいるだろう。法改正の転機ともなった3つの凶悪事件と〝その後〟を見ていこう。

【秋葉原無差別殺傷事件】

2008年6月、秋葉原の歩行者天国で発生した通り魔殺傷事件。犯人はネット掲示板に依存する25歳の男で、犯行直前「秋葉原で人を殺します」「車でつっこんで、車が使えなくなったらナイフを使います。みんなさようなら」とネットに犯行予告をして実行。7人が死亡、10人が重軽傷を負う大惨事となった。

動機は、「俺を無視したネットのやつらに俺の存在を認めさせてやりたかった」などと、ネットでの居場所がなくなったことによる〝孤独感〟が凶行に向かわせたとされている。ごく一部で、犯人を〝格差社会の英雄だ〟などと聖人視されていたが、後に行われた裁判では死刑判決が確定。そして、この事件をきっかけに、銃砲刀剣類所持等取締法(銃刀法)が改正された。

「一方で、犯人の弟は、14年に世間の目を苦に自殺。母親は入院しています。凶悪事件の犯人の家族は、たいてい世間の目から逃れるために引っ越していきますが、ここの家族は事件後も引っ越しませんでした。『女性セブン』(18年7月12日号)の報道によると、犯人の父親は近所付き合いを避けてひっそりと暮らし、息子や弁護士とも会っていないようです」(事件記者)