出演者に襲い掛かる不幸…『平成』呪われたコマーシャル3選!

科学が発展した現代では〝呪い〟なんてあり得ないと思ってしまうが、平成の芸能界には〝呪い〟という言葉でしか片付けられない奇妙な出来事があった。

〝呪われたCM〟を紹介しよう。

《桃の天然水》
このCMが初めて放送されたのは、1998年。爽やかでかわいらしいイメージの華原朋美を起用したところ、華原に不幸が降りかかった。その年、華原は料理中にガス中毒で倒れ、病院に搬送。また、小室哲哉と破局し精神不安定になり、事務所を解雇されてしまったのだ。

後任に浜崎あゆみが起用されたが、その後、左耳の疾患(内耳性突発難聴)を発症。左耳の聴力を失うという不幸が続いた。

「その後、〝桃天3人娘〟として、吉井怜・村田洋子・神戸みゆきが出演するも、その年に吉井は急性骨髄性白血病を発病、村田は事務所から解雇され引退、神戸みゆきは8年後の2008年に24歳の若さで心不全のため死去してしまいます。さらに2013年、最も新しいCMにはモデルのローラが起用されました。しかし呪いが強かったのでしょう…、その年にローラの実父が詐欺容疑で逮捕されました。それ以降、CMは新しく制作されていないようです」(広告会社関係者)

 

ベッキー、ピエール、山口メンバー…呪いを確信

《サーティーワンアイスクリーム》
2014年に同商品のCMにベッキーが起用されたが、ご存じの通り〝ゲス不倫〟で活動休止に追い込まれて失脚。このCMの共演者には、麻薬取締法違反で逮捕されたピエール瀧も出演していたから驚きだ。

「2人ほどのインパクトはないものの、岡本玲はティーン誌での人気からCMに起用され、鳴り物入りで女優に挑戦するも鳴かず飛ばず。黒川智花や玉城ティナも起用されましたが、ルックスは芸能界随一なのにイマイチ売れていない。サーティーワンアイスクリームのCMを受けると、人気が伸び悩むという呪いがありそうですね」(同・関係者)

《スズキ》
サーティーワンアイスクリームと同じく、こちらにもベッキーが出演していた。また、最近出演中のムロツヨシは、強制性交容疑の新井浩文を擁護したとして、SNSで大炎上。現在もツイッターの更新を控えており、このままでは今後の芸能活動に影響が出てしまいそうなほど世間から猛烈に嫌われてしまった。

「他にも『スズキ』のCMには、不倫スキャンダルの渡辺謙、メンバーが逮捕された『TOKIO』、とんでもない写真が流出した香里奈が挙げられます。『ももいろクローバーZ』も出演していましたが、昨年脱退した元メンバーの有安杏果は、〝精神科医の婚約者に洗脳されているのでは?〟というとんでもないウワサがまん延している始末。呪いとしか言えないでしょう」(同)

CMに出演するのは、芸能人にとっては最上級の名誉だ。しかし、そこが人生のピークになるかもしれない…。

 

【あわせて読みたい】