『NGT48』山口真帆に「死ね」?“いじめ疑惑動画”に本人が大反論も…

(C)grufnar / Shutterstock

『NGT48』の4月21日公演で、昨年12月に暴行被害を受けた山口真帆が卒業を発表。結果として、事件の被害者がグループから追い出されたことに、世間では怒りの声が上がっている。そして、〝疑惑メンバー〟とファンがSNSで衝突する事態になった。

山口は暴行被害を受けた際に、「(犯人に)犯行をそそのかしたメンバーがいる」と告白。その後、ツイッターで数人のメンバーのフォローを外していたことが明らかになり、ネット上では、その彼女たちこそが〝怪しい〟とされることになった。

その中の1人が、中井りか。『週刊文春』の取材によると、中井の彼氏は暴行犯と仲が良いともされている。

 

本人降臨も疑惑は晴れず

今回騒動になっているのは、ネット上に転載されている中井の動画。中井が「…ぇ!」と聞き取ることのできない、短い言葉を連呼。この動画の後ろに、小さく山口真帆が映っていることから、ファンたちは「死ね」と言っているのでは? と推測し、大問題となった。

すると、中井が直接ツイッターで会話に入ってきて、

《そんなひどいこと言ってないです。

かってに決めつけてへんな憶測で
ネットで人を叩く材料を見つけて
書き込むあなたたちの方が
よっぽどひどいです》

と反論。ネット上の憶測に直接メンバーが答える異例の事態が発生したが、ファンにも言い分があるという。

「〝疑惑メンバー〟の1人・荻野由佳も、他のメンバーを映しながら、山口らしき女性の後ろ姿を映し続ける動画をインスタグラムにアップしていたことがあるのです。しかもその動画では、炎のエフェクトをかけて、山口らしき女性に炎が迫るようになっている。これ1つなら偶然と流せたのですが、今回の中井の動画の件もあるので、故意犯としか思えないのです…」(NGT48の元ファン)

何も解決しないまま、山口が去っていった「NGT」。この事件の〝真相〟が明るみになるときは来るのだろうか。

 

【イメージ画像】

grufnar / Shutterstock

【あわせて読みたい】