有村藍里“妹の好きなところ20個”答えるも「闇深さがハンパない…」

有村藍里 

(C)まいじつ

4月20日に放送された『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP』(フジテレビ系)に、女優の有村架純の姉として知られるタレント・有村藍里が出演。番組内で〝闇深さがハンパない〟発言をしたと話題になっている。

藍里はターゲットとして楽屋に呼び出され、巨大な風船が破裂してゴキブリのおもちゃが出てくるというドッキリを仕掛けられることに。楽屋に入室してソファーに座ると、下から風船が登場して空気が注入されていった。

空気の注入は問題に答えると止めることができ、藍里には「妹の好きなところを20個答えよ」との出題が。すると、まず「目が大きい」と答えた後に「スタイルがいい」と回答。その後も「顔が小さい」「肌がきれい」「髪の毛がきれい」「細い」など、架純の〝容姿〟に関する答えが連発されていった。

 

容姿に対する「心の闇」があらわに?

「藍里は昔から妹と自分を比較し、容姿に対するコンプレックスを抱いていたとメディア等で告白しています。特に、『新井ゆうこ』の芸名で活動していた時代に、架純の姉であることが広まったときは、ネット上の誹謗中傷にかなり心を痛めたそうです。容姿に対する思いはよほど強かったようで、今年3月3日には自身のブログで整形したことを告白。このときの心境や舞台裏はフジテレビ系の『ザ・ノンフィクション』で、密着ドキュメンタリーという形で放送されています」(芸能ライター)

そして、今回のドッキリも「妹の好きなところ」が〝容姿〟に関する回答ばかりだったため、「コンプレックスが垣間見える」と感じた視聴者が多かったよう。ネット上には、

《ほとんど容姿のことを挙げるところに容姿へのコンプレックスがうかがえる》
《出てきたのがほぼ全部見た目のことで泣けてくるな…》
《「優しいところ」とかじゃないんだね…》
《心の深層でも顔に対する思いがあるんだろうなぁ》
《妹が例外的にかわいいだけで姉だって美人の部類なのに》
《闇深さがハンパない…》

などといった声が上がっていた。

念願の整形で理想の顔に近づいたのだから、堂々と胸を張ってほしいものだ。

 

【あわせて読みたい】