米倉涼子“脅威を感じる”若手女優を告白も「嘘つけ!」「あざとい」

米倉涼子 

(C)まいじつ

女優の米倉涼子が、4月22日に放送された『1番だけが知っている』(TBS系)の2時間SPに出演。〝脅威を感じる女優〟に、黒木華の名前を挙げたことに疑問の声が上がっている。

番組は米倉にインタビューを敢行し、〝芸能人生で1番泣いた日〟や〝絶対に勝てないと思った俳優〟などを質問。米倉も本音を次々と答えていき、VTR内では涙を流す姿も収められていった。

インタビュー中、「この子すごいなとか、脅威に感じる女優さんはいますか」と聞かれた米倉は、「対抗心が湧いちゃうんですよね…」「その人のオーラとか佇まいとか」など、〝脅威〟と感じるまでの感情を説明。その後、以前共演した黒木の存在感に引かれたと明かし、「全く違う物として、違う動物として見てました」「人間なんですけど、種類が違う人間」と黒木を脅威に感じていることを告白した。

 

全く違うタイプの女優を挙げてカモフラージュ?

しかし、素朴な役柄や個性的キャラに配役されがちな黒木に対し、米倉は働く女性やエリート役に多く起用される女優。また、控えめな黒木のルックスは、迫力ある米倉の顔と対象的で、多くの人は2人を〝別のジャンル〟と捉えている。

そのため、米倉の回答に疑問符を浮かべる視聴者は多く、ネット上には、

《嘘つけw》
《若手派手美人を挙げたら対抗心にリアリティーあり過ぎるから、あえて違うタイプを挙げたのかな》
《格下で自分よりブスな脇役女優をチョイスする米倉涼子にあざとさを感じる》
《ガチで危機感抱いてる相手は公じゃ言えないよ》
《求められてるものが全く違うのに脅威なわけない》
《本当に脅威だと思ってる自分と同タイプで、後釜狙われそうな若手女優の名前はプライドが邪魔して言えないと思う》

などといった声が上がった。

米倉の所属事務所は、多くの女優を率いるオスカープロモーション。後継者は米倉の思いとは違い、同事務所から輩出される可能性が高いが…。

 

【あわせて読みたい】