滝沢秀明社長の“お気に”亀梨和也がジャニーズ「ナンバー5」に大躍進!

亀梨和也 

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

ジャニーズの〝風見鶏〟亀梨和也が、着々と出世を果たしそうだ。4月23日付の一部女性週刊誌デジタル版が“ジャニーズアイランド社長の滝沢秀明氏は亀梨が大のお気に入り”などと報じた。

「大好きな野球の取材をしたいがために事務所に残ったとされる中居正広ですが、中居が残れば残るほど、滝沢氏が育てている若手の出る枠は、いつまでたっても空きません。滝沢氏は、かつて事務所独立を画策した中居の本心など見抜いている。〝ジャニーズ愛〟がハンパない滝沢氏にとって、中居は無用の長物なのです」(ジャニーズライター)

ところが、同じ野球好きでも亀梨の評価はグングン上がる一方だ。

「女性誌が報じたところによると、滝沢氏は亀梨のことを、俳優もキャスターもできると高評価しているそうです。亀梨が10代のころは自分の家に泊まらせ、食事や洗濯などの面倒も見てあげていた。昔からかわいがっていた別格の後輩だそうです」(同・ライター)

何しろ亀梨には〝風見鶏〟のアダ名があるほど、その時々の風をつかむ要領のよさは抜群。かつて中居を「尊敬できる先輩」と言い、中居が失脚すると「事務所で仲がいい先輩は木村(拓哉)さん」とテレビで公言。滝沢氏がタレントを廃業すると「適任です」と持ち上げていた。

 

スポーツキャスター好評につき中居の後釜も

「亀梨は周知の通り、俳優としての評価はイマイチ。ドラマ『ボク、運命の人です。』(日本テレビ系)、『FINAL CUT』(フジテレビ系)と2作続けて平均視聴率が一桁台に終わり、今ちょうど出演中の『ストロベリーナイト・サーガ』も、初回から8%以下で惨敗は確実。いい年して〝細眉〟なのは、まだご愛嬌だとしても、大げさな演技はいつまでたっても不評です。一方、元野球少年だっただけにスポーツキャスターとしての評価は高い。中居の後釜に据えるのが賢明ですし、俳優も…というのは滝沢氏の買いかぶりでしょう」(女性誌記者)

とはいえ、ジャニーズ事務所内でも亀梨の立場はうなぎ上りだという。

「事務所内の序列は1位・近藤真彦、2位・東山紀之、3位が子会社社長の滝沢氏で、ここまでは変わらず。4位は城島茂ら『TOKIO』のメンバーで、5位に亀梨という説があります。本来ならば実績のある山下智久が5位でしょうが、過去に安給料トラブルでメリー副社長にクビを宣告された異端児。上がり目はない。最近、木村はテレビで引退話をするほど窓際。中居は論外。案外、亀梨5位は当たっていますね」(同・記者)

令和とともに、亀梨〝風見鶏〟時代が到来! となるだろうか。

 

【あわせて読みたい】