塚本高史「電車内での迷惑行為」でなぜか“好感度”が急上昇!

塚本高史

(C)まいじつ

俳優の塚本高史が、4月24日の『週刊女性PRIME』に、泥酔し妻から叱咤される様子をキャッチされた。〝泥酔して電車で大声で話している〟という批判を集めそうな行為だったにもかかわらず、結果的に塚本の好感度が上がる〝異常事態〟となっている。

「7歳上の妻との出会いは、撮影現場で塚本が一目惚れしたことがきっかけとされています。最初は相手にされなかったようですが、食い下がりアタックし続けた結果、妻が折れる形で交際に発展し結婚に至ったとか。2017年4月7日放送『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)では『塚本高史は奥さんのことが異常に好き』と紹介され、妻について『好きですね。いないと病気になっちゃう』とコメントしていました」(芸能記者)

今回の報道では、《塚本さんが何か話そうとするとすかさず奥さんが〝ごめん、うるさくしないで〟と注意していました》《電車の中だったので目立たないようにマスクをしていたのですが、息苦しかったのかマスクを外してしまった塚本さんに、奥さんがマスクを着け直してあげていました》との目撃情報が上がっている。

 

奥さんに叱られる塚本に世間の反応は…

公開された写真では、ベージュのハットにサングラス、ダメージジーンズ姿の塚本と、カーキの上着にピンクのプリーツロングスカート、金色のバッグといった妻の姿が写されている。

「妻は、これまで一般人が故、詳細も姿も明かされていませんでした。ですので、〝あの〟イケメンで硬派な塚本が〝一目ぼれ〟して食い下がり気味にアタックした女性とは一体…と、長いこと世間の関心を引いていました。それが今回の報道で、意外と庶民的な奥さんの姿が明らかに。さらに2人の仲むつまじい様子に、ほっこりした人も多いのではないでしょうか」(同・記者)

実際に、ネットでは、

《奥さん結構普通そうな感じだね》
《お、奥さん、なかなか攻めた色使いのファッションを楽しまれるタイプなんだね》

などと、〝初公開〟の妻の意外性に驚き声が上がりつつも、〝妻LOVE〟な塚本に対して、

《失礼だが妻をビジュアルで選んでなさそうなところも好感持てる》
《奥さんあんまり美人ではなさそうなけど顔で選ばない塚本高史に好感持てる!》
《奥さん親近感のある感じでいいね。ていうかタクシーじゃなくて地下鉄乗るんだ…》
《迷惑行為なのに株が上がる希有なパターン》

などと、逆に好感度がアップしたようだ。

塚本のようにプライベートが安定していそうな俳優を起用すれば、作品がお蔵入りになってしまう悲しいことは起きにくくなるかもしれない。

 

【あわせて読みたい】