「結婚しない」中居正広は不誠実なのか!? ネット上ではお節介ばかり…

中居正広 

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

写真週刊誌『女性セブン』(小学館)のWEBサイト『NEWSポストセブン』が、中居正広と振付師兼ダンサーの女性が同棲していると報じた。

中居と振付師の2人は、2年前にも同誌で交際を報じられている。しかし、報道により交際が明るみになると「将来が見えない」との理由で距離を置き始めたとのことで、2人の関係が続いていたことはごく親しい者しか知らなかったという。

2人が出会ったきっかけは『SMAP』時代で、知り合ってから既に10年以上が経過しているとのこと。また、同棲期間も計6年に及んでいると報じられているため、「ついに中居が結婚か!?」とネット上では話題になっている。

 

結婚=幸せではない

一方、一般にも知られているように、中居は結婚願望がさほどないことを頻繁に話しており、自身を「結婚は無理だと思う」「結婚不適合者」と称しているにもかかわらず、同棲疑惑が浮上したことで、ネット上には、

《結婚した方が好感度上がるぞ》
《アイドルは卒業したんだし、年相応の家庭を持つべき》
《いい年なんだからそろそろしないとヤバい》
《結婚願望ないって言ってるのに同棲とか、彼女側がかわいそうだろ》
《相手も30越えてるんだし、交際で満足でも結婚するのが筋》
《同棲じゃなくて結婚しないと相手にも失礼》

など、〝おせっかい〟や〝筋論〟で結婚をせかす声が多く上がっていた。

「日本の生涯未婚率は男性が23%と、約4人に1人の割合。事実婚も昔に比べるとわずかではあるものの広まっており、結婚が『絶対的な幸せ』とは考えない人が増えています。先日はテレビ朝日の弘中綾香アナウンサーも『結婚してない側の人間は幸せじゃないんですか?』『私はすごい幸せ、今。結婚してないけど』とラジオ番組で発言しましたし、結婚に重きを置き過ぎるのも前時代的ですよ。今回の件で中居が責められているのも、それこそ〝筋違い〟のおかしな論理です」(芸能ライター)

晩婚、事実婚、生涯未婚の増加により、〝夫婦〟という形への価値観もどんどん変わっていくに違いない。

 

【あわせて読みたい】