韓流偏向!? フジテレビ『凋落』は抗議デモから【平成テレビ局スキャンダル】

(C)Mai Groves / Shutterstock

2004年~2010年(平成16年~平成22年)の7年間、視聴率三冠王に輝き、飛ぶ鳥を落とす勢いだったフジテレビが、奈落の底に落ちるきっかけとなったのが『フジテレビ抗議デモ事件』だ。

最初にデモが発生したのは2011年8月7日だった。前月7月に俳優の高岡蒼甫が、「フジテレビは韓流ドラマを放送し過ぎている」とツイッターで批判したことをきっかけに、所属事務所を解雇されると、ネット上でフジテレビに対する批判が噴出。抗議デモに発展した。

「最初のデモは警察の許可が下りなかったため、単なるミーティング扱いでした。しかし、約600人がネットの呼び掛けに応じ参加しました。その後、デモの主催者からフジテレビに対して抗議文が提出されましたが、フジテレビ側はこれを『抗議されるいわれはない』と拒否。これにより、デモがさらにヒートアップしていったのです。当時、フジテレビ側は単なるネット住民による〝お祭り騒ぎ〟と軽く考えていたようで、事の重要性をほぼ理解していませんでした。まさかこんな大事になるとは思ってもみなかったでしょう」(番組制作関係者)

その後も、抗議デモは複数回続き、お台場の本社前にとどまらず、銀座、大阪、名古屋と拡散し、最後は那覇や札幌など全国規模に展開した。また、フジテレビをスポンサードする『花王』も同罪と見なされ、花王本社前にも1000人規模の抗議者が殺到する事態となった。

 

対応の誤りが取り返しのつかない痛手に

当時、フジテレビが韓流タレントやコンテンツを持ち上げたのは、放送権を安く購入できるからだといわれている。局員からは「政治的信条やイデオロギーがあったわけではなかった」という声が聞こえてくるが、なぜ、ターゲットになってしまったのだろうか。

「〝なでしこジャパンが女子W杯で優勝したのに表彰式をカットした〟、〝サッカー日本対韓国の試合を『韓日戦』と表記した〟、〝韓流ドラマをゴリ押しした〟など、1つ1つの出来事が重なって〝韓国推し〟と見られたのでしょう。また、11年5月には、韓国の閣僚が竹島に上陸するなど、領土問題を巡って日韓双方が火花を散らす事態となり、〝嫌韓ムード〟が高まっていたこともあるでしょうね」(社会学者)

事件後、フジテレビの視聴率は右肩下がりが続き、視聴率三冠王は日本テレビにその座を奪われる羽目になった。13年には週間視聴率でTBSに抜かれ、30年ぶりに4位に転落し「振り向けばテレビ東京」と揶揄された。

今でもフジテレビ社員からは「あのとき、もっとまともに対応していれば…」と後悔の声が上がっているという。過ぎ去りし日を取り返すことは、もはやできないのだ。

 

【画像】

Mai Groves / Shutterstock

【あわせて読みたい】