UFO? 江戸時代に日本中で目撃された「うつろ舟」と浦島太郎

江戸時代、日本各地の沿岸で「丸く奇妙な物体」が海の上に浮いているのを多数の漁師が目撃したという。それを人々は「虚舟」(うつろぶね)と呼んだ。

その伝説は地域により微妙に違うが、ほぼ共通しているのは以下の通りだ。

《 言葉の通じない異国の女性が乗っていて、小箱を持っていた》
《 その舟は円形でガラス窓があり、船体には奇妙な文字が書かれていた》

もしも「虚舟=UFO」であれば、空を飛んでいるところを見た者はいないのだろうか。仮に故障などの何らかのトラブルに見舞われ、UFOが海上に浮かんでいたのならば、日本各地で同じ様に故障したUFOが目撃されていたのだろうか。

つまり「虚舟」はUFOなのかもしれないが、付近の漁民に見えるよう〝あえて海上を漂っていた〟と考えるのが妥当であり、「虚舟」の操縦者は何らかの意図や目的を持って待ち構えていたと考えるのが、ごく自然だ。

 

浦島太郎は生体サンプルだった?

しかもこの「虚舟」には「浦島太郎伝説」に登場する乙姫(異国の女性)と玉手箱(小箱)、そして浦島太郎が乗っていた亀(円形の乗り物)という〝大きな類似点〟が3つもある。さらにこの有名な一文。

「浦島太郎は亀に乗り、天国のような龍宮城で楽しい〝ひととき〟を過ごし、故郷に帰ってみると、なぜか何百年もの月日がたっていた」

これは、亀のようなUFOで光の速さを超える『ワープ航法』により『時空間』を飛び越え、何百光年も離れた星に〝行って帰ってきた〟ということであろう。

その星で浦島太郎は竜宮城の「3Dホログラム」を見せられながら「生体構造」を調べられ、いろいろな組織サンプルを異星人、つまり乙姫に採取された後、地球で解放されたのだろう。

そして浦島太郎は乙姫からもらった「禁断の玉手箱」を開け、一気に老人になってしまう。これは記憶の消去とともに、ワープ航法や薬物注射、組織サンプルの採取などで〝大幅に変化してしまった肉体〟を元に戻すための「強制措置」だったのかもしれない。

もしかしたら江戸時代にうつろ舟に連れ去られた人々が、数百年の時を経て現代に舞い戻ってくる日が来るかも…。

 

【あわせて読みたい】