池田エライザ VS 浜辺美波!JKの“ギャンブル狂”がたまらん『賭ケグルイ』

『賭ケグルイ』

映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『賭ケグルイ』

配給/ギャガ TOHOシネマズ日比谷ほかにて全国公開
監督/英勉
出演/浜辺美波、高杉真宙、池田エライザ、水戸なつめ、森川葵ほか

競輪・競馬・麻雀・パチンコなどが大好きのギャンブルおやじなら、このタイトルに惹かれるものがあるだろう。ボクもそのクチだ。ただし、河本ほむらの大ヒットコミックスの映画化のこの新作の舞台は、生徒たちが「ごきげんよう」と上品に朝のあいさつを交わすような私立名門校。その裏で何と、ギャンブルが支配する狂気の世界が存在している、という奇想天外な設定なのだ。

ギャンブルの優劣で身分や序列が決まる名門校・百花王学園にギャンブル狂で無類に強い蛇喰夢子(じゃばみ・ゆめこ/浜辺美波)がやって来た。彼女はこの学園を支配する生徒会長・桃喰綺羅莉(ももばみきらり/池田エライザ)らが構築してきた秩序を根底から揺さぶるため、全生徒を巻き込む史上最大のギャンブルバトルに挑むが…。

 

どうせなら脱衣麻雀やれ(オジサン脳)

ポーカーはまだしも、ジャンケンや選挙といった〝種目〟じゃギャンブル気分になれねーゾ、というのがオジサンの率直な感想ではある。〝ギャンブル学園〟ってぐらいだから、JKのネーちゃんがセーラー服のモロ肌脱いで、学園長室か何かで丁半バクチでもするのか、と思ったぜ、とブーたれるのは〝昭和〟の感覚なのだろう。今や〝令和〟の時代だもの。これはギャンブルというより、ゲーム感覚に近い。若い人はこういう方がしっくり来るのだろう。そう思って気を取り直して見ると、このカオス、混沌はけっこう楽しめる。ヒロインたちの名前からして、思いっきりウソっぽくて、ヤンキーみたいだし、と見ている最中、脳ミソを軌道修正した次第だ。

やがて、日本の中枢を司るであろう超エリート子女たちを育成する学び舎で厳然と存在する〝学園カースト制度〟…今年大ヒットした『翔んで埼玉』でも描かれていたが、これをもっとデフォルメするとこの映画のようになるわけか。学園内で生まれた反体制組織、階級闘争、学園の敷地内での大乱戦など、ボクら世代としては、かつての〝学園紛争〟の時代をついつい思い出してしまうが、68年生まれの英勉監督には「その感覚はないでしょう、多分…」と宣伝スタッフの人が言っていたっけ。

『君の膵臓を食べたい』(17年)でブレークしたヒロインの浜辺美波はタッパもあるし、目力もある。真っ赤なブレザー制服も似合うが、早く〝社会人〟になってほしいもの。〝少女忌避症〟のボクとしては、まだ10代なのも難点(東京オリンピックのころにやっと成人に)。しかし、いずれ小松菜奈、中条あやみクラスの〝タッパ&目力推し〟の若手女優群の一角に食い込む逸材と見た。

 

【あわせて読みたい】