ジャガー横田夫婦が“大円満”をアピールも「不快」「不倫のくせに…」

木下博勝 ジャガー横田

(C)まいじつ

ジャガー横田の夫として知られるタレントで医師の木下博勝が、4月24日のブログで夫婦円満ぶりをアピール。しかし、ネット上では冷ややかな視線が向けられている。

木下家の息子は学校行事により3日間家を空けているとのことで、木下は《デートしてみようか! という話になって、昨日は思い出の場所を巡りました》と、これを機に久々の夫婦デートを楽しんだことを報告。1軒目は東京・麻布十番のものまねショーパブを訪れ、《開店当初から勤務先が近かったのでおじゃましておりました》と、思い出の地であることをにじませた。

さらに、2軒目はライブハウスへ足を運んだと明かし、《新婚当時によく来たねー、などと盛り上がりました》と、ここでもかつてのアツアツぶりをアピール。息子の名前も出しながら、《いつか、大維志が独り立ちをしたら、残るはわれわれ夫婦だけになりますので、共通の思い出や、場所を作っておく必要があるな、と実感しました》と、感慨深いデートだったと締めくくっている。

 

円満アピールも、5年前の騒動がフラッシュバック?

一見、妻を大切にしているように見えるこのブログだが、木下は2014年に不倫が発覚している。当時、週刊誌にはLINEのスクリーンショットとともに女性の証言が掲載され、月額約20万円で愛人契約を結んでいたことが告発された。

この女性は木下が沖縄の院長として滞在しているときの〝現地妻〟だったことも明らかになっており、その生々しい関係性に世間は騒然。この大きなインパクトがいまだに残っているためか、今回のブログに対しても、

《二度と愛人なんかこさえるなよ裏切り夫》
《イメージアップのためにジャガーを利用してるって感じで不快》
《愛情なんか持ってないよねこの男は》
《今さら罪滅ぼしか?》
《許してくれたジャガーが偉大過ぎる》
《不倫してたくせに夫婦円満アピールかよ》

などと厳しい声が上がっている。

昨年9月から今年2月にかけて、日本テレビの朝の情報番組『スッキリ』では、息子・大維志くんの受験ドキュメントを放送して大いに人気を博していたが、やはり世間では不倫の悪いイメージが拭えないようだ。

「しかも木下医師は、バラエティー番組などで、ジャガー横田を鬼嫁キャラとしてイジっていますからね。だが、大維志くんもジャガー横田を見下す発言をするなどしているため、どちらかというと、家庭内では男の力が強く、妻がこき使われている雰囲気。テレビでは悪役を演じ、夫の不倫も我慢するなんて、ジャガー横田がかわいそう過ぎますよ」(女性誌記者)

思い出後を巡り、かつての純粋な気持ちは取り戻せたのだろうか。

 

【あわせて読みたい】