『笑っていいとも!』放送事故・3選! 暴走した観客にタモリが…

タモリ 

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

1982年から2014年までの31年間、平日のお昼の時間に生放送されていたバラエティー番組『笑っていいとも!』(フジテレビ系)。14年3月31日に『グランドフィナーレ 感謝の超特大号』と題した生放送特別番組で歴史に幕を下ろし、単独司会者による生放送の長寿記録としてギネス世界記録に認定された。

そんな「いいとも」のウリは何と言っても生放送。しかし、生放送が故、数々のハプニングに見舞われたようで…。

レギュラー企画『テレホンショッキング』は、その日のゲストがその場で〝友人の芸能人〟に電話し、翌日の「テレホンショッキング」への出演のアポイントを取るというもの。視聴者は、もちろん事前打診くらいはしているだろうと思っていたが、そこは〝暗黙の了解〟。しかし、女優・矢田亜希子が出演した際に事件は起こった。

矢田は、「お友達ではないんですけど、大先輩の女優さんで、私の大好きな大竹しのぶさんを」と言い、電話口で大竹に対し「〝はじめまして〟、矢田亜希子と申します。いつかご縁があったときにはよろしくお願いします」とあいさつ。今まで〝暗黙の了解〟でやってきた企画の設定をぶち壊してしまった。

 

暴走した観客がクマにチェンジ!

もう1つ「テレホンショッキング」での放送事故。芸人の山崎邦正(現・月亭方正)が出演し、タモリと談笑していると、突然客席にいた一般男性が「タモリさん、いいとも! が年内に終了するって本当ですか?」と大声で質問をぶつけたのだ。山崎が「ものすごいびっくりしてんけど!」とツッコんで、タモリが戸惑いながらも「いや、聞いてないですけど、違うんじゃないですか?」と返したところで、すぐさまCMが入る。するとCM明け、男性が座っていた席に白くてかわいらしいクマのぬいぐるみが置かれており、強制退場させられたことが判明。タモリが山崎に「お前が連れてきたんだろう!」「お前が来るから、変な奴が一緒に!」「お前がクマに変えたんだ!」などと罵る展開となり、会場は大爆笑に包まれた。

その後のコーナーでは、『爆笑問題』太田光が「いいとも! 年内に終わるって本当ですか?」とボケて、周りから「クマにしろ!」とツッコまれていた。

「変な男といえば、番組冒頭に観客の男が壇上に上がりテレホンショッキングのゲスト席に鎮座するハプニングが発生したこともあります。タモリが冷静にいなし、スタッフによって強制退場。番組内でも特に放送事故が起きやすかったコーナーは、明らかに『テレホンショッキング』でしたね」(テレビ誌ライター)

どんなハプニングにも冷静に対応し、笑いに変えてきたタモリ。その手腕は名実ともに、平成お笑い界を代表する『お笑いビッグスリー』だ。

 

【あわせて読みたい】