吉田沙保里わずか半年で『ZIP!』クビ!?“嫌われ女”化に関係者落胆…

吉田沙保里 

(C)まいじつ

ミュージシャンでタレントのDAIGOが、朝の情報番組『ZIP!』(日本テレビ系)で5月の金曜日マンスリーメインパーソナリティーを務めることが発表された。『ZIP!』といえば、4月の改編で、金曜メインパーソナリティーが鈴木杏樹から吉田沙保里に変わったばかり。この報道をきっかけに、『ZIP!』の内情が見えてきたという。

「今回のテコ入れは、一言でいえば、吉田の力不足が原因でしょう。日テレは吉田が国民的人気者と思ってキャスティングしたようですが、伊調馨選手のパワハラ騒動のときにダンマリを決め込んだことや、バラエティー番組に出過ぎている状況から、吉田の好感度はかなり低い。しかも、当然ながらMCはド素人であるため、現状『ZIP!』のマイナスになっているだけ。そこで、好感度が高く、MCもこなせるDAIGOを入れたというわけです」(テレビ雑誌編集者)

 

原田泰造パターン? ギャラ50万円に難色…

しかも4月26日には、週刊誌『女性自身』が吉田のギャラ事情を暴露。『ZIP!』の他の曜日のパーソナリティーは1本あたり30万円前後のところ、吉田は倍近い50万円を要求していたという。

「こういった流れを見ると、日テレは早くも吉田切りに動いているとみていいでしょうね。せっかく関根麻里、北乃きい、川島海荷と続いた総合司会の座をタレントから局アナに変更して経費を削減したのに、吉田1人のせいで台無しですから。それでも数字が良ければいいのですが、お荷物状態の吉田を長期起用する必要は全くありません。早ければ半年での降板もあるかと」(制作会社関係者)

実際、初代月曜メインパーソナリティーの『ネプチューン』原田泰造は、2011年4月~10月という極めて短い期間で降板。前例は確かにある。

「『ZIP!』としては、東京五輪のある2020年まではせめて吉田でいきたいと考えているようですが、このままでは持たない。実験的にDAIGOを入れてみていることから分かるように、今後も月替わりでゲストMCを呼び、2人体制で金曜日をやりくりしていく可能性もありますね。正直、経費的な意味では厳しいのですが、月替わりにMCが替われば、話題性も十分ですからね」(同・関係者)

果たして吉田は最速タイの半年降板となってしまうのだろうか。〝高速タックル〟ならぬ、〝高速降板〟が炸裂する?

 

【あわせて読みたい】