「中学生でもできる」水原希子の“日本空港”批判が炎上「見下してる」

水原希子

(C)まいじつ

モデルで女優の水原希子が、4月25日にインスタグラムのストーリーを更新。成田空港の入国審査官の対応に苦言を呈したが、これ見たネット上では「普段から人を見下してバカにしてるのがよく分かる」「何でこんな嫌味な言い方しかできないんだろう」などと批判する声が続出した。

成田空港の出入国審査でのこと。自動化ゲートで、やり方が分からず困っている外国人がいたという。水原は、《係の人が助けてあげればいいのに、遠目から見たりはしてるけど、なかなか助けに行く気配はなくて、入国審査官の人も席に座ったまま、日本語で『指、押して下さい』とか言って、そんなのどう考えたって分かるわけない》と思い、様子を見守っていたという。すると5分後くらいに係員がやってきたらしいのだが、《空港で5分待つってなかなか長いよ》と苦言。怒りが収まらなかったのか《効率良く仕事して、英語くらいちょっと勉強してPress your fingerぐらい中学生でもできるよ》と語気を強めた。

さらに、自分の順番が来たときに、その旨を入国審査官に告げたところ《そう言われましても、入国審査官がメインデスク? 本部を離れることはできない》と説明されたという。これに対し、水原は《私が言いたいのはそういう話じゃなくて》とさらに憤怒。《『指、押して下さい』ぐらい英語で説明するべきでしょ。成田〝国際〟空港なんだから。地方の空港とかなら分かるけどさ。遠くから見て助けないとか何? その時間何?》と憤り、笑顔で汗をかいている絵文字で締めた。

 

言っていることは正しいけど…

「一連のやり取りをただ見ていた水原に対し、『見てないでお前が教えてやれよ』等の感想を抱く人も多いと思いますが、大体の場合、入国審査の最中に、後ろの他人は近づけませんから、その批判は的外れ。審査官にパスポートを見せるとき、後方に立って待つ位置が決められて、審査官の合図で審査が始まりますからね。水原も、真後ろにいたわけでなく、離れたところから様子を見ていたのではないでしょうか」(航空会社関係者)

しかし、批判を浴びたのは水原の〝トゲ〟のある言い方だった。特に《英語くらいちょっと勉強してPress your fingerぐらい中学生でもできるよ》というコメント。ネット上では、

《言いたいことは分かるけど言い方が悪い》
《余計な一言でいろんな意味で急降下》
《普段から人を見下してバカにしてるのがよく分かる一言だね》
《大人のことを中学生呼ばわりする人間性の方が問題あるよ。人として勉強足りないんじゃない?》
《何でこんな嫌味な言い方しかできないんだろう》
《脳内がそのまま出ちゃってるのね。ほんと底意地の悪い女》

などと批判する声が続出した。

ただ疑問を投げ掛けるだけなら共感を得たかもしれない今回の騒動。〝一言多い〟とはまさにこのことだ

 

【あわせて読みたい】