あふれる“SMAP愛”! 香取慎吾の久々地上波出演は『サントリー』のおかげ?

香取慎吾

(C)まいじつ

ジャニーズ事務所からの退所後、徐々に地上波番組への出演が減少していき、〝テレビから消えた〟ともいわれた『新しい地図』の香取慎吾が、久しぶりの地上波バラエティー出演を果たした。

香取が出演したのは、4月27日に放送された『人生最高レストラン』(TBS系)。同番組は、ゲストがこれまで食べた中で〝最高においしかった一品〟を思い出とともに語るトーク番組で、香取も行きつけだった飲食店やテレビ局の社員食堂での思い出を振り返っていった。

さらに香取はかつての冠番組『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の看板コーナー『BISTRO SMAP』の名を挙げ、「あのレストランは世界一のレストラン」「世界中のいろんな三ツ星とか行ったけど、あそこにはかなわない」と回顧。また、10代でお金がなかったころは、草彅剛とともにTBSの社員食堂で食べる味噌バターコーンラーメンが贅沢だったとのエピソードも明かした。

 

『サントリー』の〝SMAP愛〟が炸裂!?

「今回、久しぶりの地上波出演がかなった裏側には、スポンサーである『サントリー』の意向が関係しているのでしょう。同社は香取と稲垣吾郎をノンアルコールビールのCMに起用している他、香取の個展開催もバックアップするなど『新しい地図』の活動を支えているタニマチ的企業。そして、『人生最高レストラン』は同社の一社提供ですから、広告主としてキャスティングに介入するのもたやすいことです。おそらく、TBS側に香取を出演させるよう持ち掛けたのではないでしょうか」(番組制作会社関係者)

実際、「サントリー」は〝SMAP愛〟に満ちた企業として有名なため、香取の現状を思いやったことも十分に考えられる。

「『サントリー』は2013年に『SMAP』全員が出演する缶コーヒーのCMを製作するなど、〝SMAP好き〟な企業といわれていました。現在も『金麦』のCMに木村拓哉を起用している他、香取を今回のように厚遇しているので、もしかしたら内心では彼らの再結成を願っているのかもしれませんね。また、香取が今回『BISTRO SMAP』や『SMAP』時代のエピソードを明かしたことで、昨年、ネット上で話題になった〝元SMAP〟の名称使用禁止令が存在していなかったことが、あらためて浮き彫りになりました」(同・関係者)

“SMAP再結成”を願うファンにとって、『サントリー』は大きな味方のような存在と言えそうだ。

 

【あわせて読みたい】