舛添前都知事の「セコすぎる」テレビ出演売り込みの胸中

「辞任要因は政治資金使途の公私混同、公用車問題、政党交付金の不正使用疑惑、おまけに領収書の水増し請求、インターネットオークションでの美術品落札などなど、全てを挙げたらきりがない」(全国紙都政担当記者)

しかも、舛添氏は都知事としての夏のボーナス約380万円を満額で受け取り、2000万円あまりの退職金も手にしたという。

そこで、世間から浴びせられたのが「せこすぎる」、「ドケチ」といった言葉だ。しかし、舛添氏は、してやったりと高笑いしているという。

「彼が自宅にこもり、ひたすら考えているのが政界復帰への青写真です。疑惑報道の際に、都議会解散という手段を採らなかったのは、舛添氏は菅義偉官房長官との間で、次期国政選挙での公認の密約を取り付けたからというのです」(都政担当民放デスク)

その間に収入を得るため、テレビ出演を狙っているというわけだ。

「某私大で教授をやりながら、次期選挙までテレビのコメンテーターをやるつもりです。すでに、非公式には旧知のテレビ関係者に売り込みをしています。舛添氏は、いまでも自分に非はないと思っている。しかも、徳洲会からの資金提供問題で罰金刑が確定し、5年間の公民権停止となった猪瀬直樹元都知事は、今回の都知事選期間で頻繁にテレビに出演していた。だったら、自分もすぐにテレビへ出られると考えているのです」(民放制作関係者)