10歳YouTuber『ゆたぼん』の〝革命的過ぎる発言〟に批判殺到!

「不登校は不幸じゃない!」「俺が自由な世界をつくる」と宣言し、不登校の子どもや親を励ますメッセージを発信しているYouTuber『少年革命家 ゆたぼん』。5月5日の『琉球新報』に取り上げられたことで、一躍、時の人となっているが、ネット上では本人の意気込みとは裏腹に、批判的な意見が殺到している。

沖縄県宜野湾市在住の中村逞珂(ゆたか)さん(10歳)が、学校に通わなくなったのは小学校3年生のとき。担任の言うことを聞いていると「俺までロボットになってしまう」と感じ、それ以降、「学校は行きたいときに行く」という姿勢を貫いているそうだ。

「最近は地元FM局に出演するなど、マスコミ対応にも積極的になっているようですが、知名度が上がってきたことで逆に批判的な意見が急増しています。YouTubeの動画を視聴した人のほとんどが〝低く評価〟をクリックしており、賛同者はかなり少ないですね。わずか10歳で自分の生き方を貫く姿勢を見せているのは立派ですが、義務教育を否定するかのような考え方に、疑問を感じる人が出てくるのは当然でしょう。『親はどんな教育をしているんだ』という声も上がっています」(ネットウオッチャー)

ゆたぼんの父親は昨年6月に大阪から沖縄に移住し、現在、心理カウンセラーとして活動している中村幸也さん。ネット上では数々の〝不良エピソード〟も明らかになっている。

中村さんは自身のブログの中で、

《これからの時代は自分の好きなこと、やりたいことをしながら生きられる時代。ロボットのように働くだけの労働者ではなく、自分の好奇心に素直に従いながら、どんどん新しい扉を開いて生きて、そんな生き方をする人たちを増やしていきたいです。僕のように中卒の元暴走族でも本を出版することはできるし、大人になり、結婚して、子どもができても、遊びながら自由に生きることだってできる》

などとつづっていることからも、息子のゆたぼんが父親の影響を強く受けているのは間違いないようだ。

 

義務教育を否定する姿勢に疑問の声

ネット上では、

《先生の言うことをきちんと聞く子どもをロボットとかなんだかなぁ》
《不登校の理由はさまざまでしょうが、これはちょっと違うよね》
《まずはきちんと学校の勉強してから主張しろよ》
《この子は親の広告塔なんじゃないの? 何だかかわいそうだな》
《スゴい子が出てきたな。義務教育完全否定かよw》
《単に勉強するのが嫌なだけ》

など、厳しい意見が殺到している。

父親の中村さんは、そんな批判的な意見に対して「結局、時代が平成から令和に変わっても、考え方が昭和のまま止まっている人が多いってことかもしれませんね」などと反論している。

また、ゆたぼんの活動を『キングコング』西野亮廣や脳科学者の茂木健一郎氏など、一部の著名人が支持していることに対し、イジメを受けているわけでもないのに〝好きなときにだけ学校に行く〟という考え方に懐疑的な人は後を絶たない。

しばらくはカンカンガクガクの論争が続きそうだ。

 

【画像】

TunedIn by Westend61 / Shutterstock

【あわせて読みたい】