「昏睡レイプじゃん」俳優の寝込みを襲うバービーのドッキリが大炎上!

(C)Tinnakorn jorruang / Shutterstock

5月4日に放送された『芸能人が本気で考えた! ドッキリGP』(フジテレビ系)内のとあるドッキリが、ネット上で物議を醸す炎上状態と化している。

炎上したのは、『インパルス』の板倉俊之が考案し、男女お笑いコンビ『フォーリンラブ』のバービーが仕掛け人となった「逆白雪姫」ドッキリ。王子のキスで目覚める白雪姫とは逆に、姫に扮したバービーが『品川庄司』庄司智春や『ブリリアン』コージらイケメン芸能人をターゲットに次々とキスをしていくものだ。

そして最も問題視されたのは、ミュージカルを中心に活躍するイケメン俳優・加藤将へのキス。加藤はニセ番組のロケで「絶対に眠りに落ちる」と話題のヘッドスパへ行き、眠りに落ちたところで店員がバービーへと入れ替わってキスをしていった。

 

ファンからの悲鳴で炎上状態に

キスをされても加藤は変わらず眠り続けたため、バービーは〝2発目〟をお見舞いすることに。すると、加藤は「ぬぉぉぉぉぉ!?」と絶叫しながら飛び起き、「さっきの店員さんどこいったんですか!?」と困惑する中、さらにキスを重ねられドッキリは終了した。

ナレーションによると、ドッキリのオファーを受けた加藤の事務所は「ゲラゲラ笑いながらすぐOKしてくれた」とのこと。しかし、イケメン俳優と女性芸人のキスにファンは悲鳴を上げ、

《バービー許せない…笑いじゃ済まされん》
《あまりにも気分が悪い…》
《バービー刺そうかと思ったほんと無理》
《バービー好きだけどこれはきつい》

などといったツイートの他、

《男女逆だったら大問題でしょ》
《昏睡レイプじゃん》
《性別が逆だったらレイプだって大炎上してる》

などの批判も続出する事態と化してしまった。

最近は『さんまのお笑い向上委員会』(同系)などで、男性芸人とのキスを持ちネタにしているバービー。しかし、今回の批判を受けて、しばらくは封印せざるを得なくなるかもしれない。

 

【あわせて読みたい】