山口真帆への“イジメ疑惑動画”が拡散…「胸が痛い」とファン悲痛

(C)UM-UMM / Shutterstock

事件が何も解決されないまま『NGT48』を去ることになった山口真帆。彼女はしきりに『NGT48』の中に問題のあるメンバーが何人かいることを主張し、『NGT48』を正そうとしていたが、結局追い出されたのは告発した山口だった。

最悪の結末に世間が怒りで燃える中、『NGT48』での〝イジメ疑惑〟動画がネット上で拡散し、新たな火種となっている。

問題の動画には、ファンの前で小さなステージ上で歌う山口、荻野由佳、清司麗菜が映っている。3人はダンスをしながら歌っていくが、途中、明らかに山口が動揺した様子でダンスを止め、戸惑いながらも必死に歌っている姿が…。

歌が終わると、荻野は「グダグダだったけど~」と、山口をイジるように感想を言い、一方で山口は2人から不自然なほど距離を取って離れ、ファンに向かって手を振っていた。

「さまざまな見方ができる動画ですが、荻野と清司が結託してリハーサルにない動きをして山口をハメ、辱めたと考えるのが妥当でしょう。もし、山口が単にダンスを忘れただけなら、歌が終わった後に、観客や2人に謝ったりするはずですが、何もせず、ただ顔を引きつらせていただけですからね。また、荻野と清司といえば、昨年12月の暴行事件以降、山口がツイッターのフォローを外した〝疑惑メンバー〟でもあります。この動画で、〝疑惑〟が確信に変わったと感じる人も多いようですよ」(芸能記者)

 

疑惑の連鎖で真っクロにしか見えない

実際、この動画には、

《裏側は分かりませんし、憶測しかできませんが、山口真帆さんの表情見てるだけで胸が痛くなりました…》
《これを見て、荻野由佳は完全に悪だと理解できました》
《この2人、陰湿にもほどがある。人間として許せません》
《女子校にいたからよく分かる。あからさまなイジメ。それも、第三者の前で観客の前で、最低最悪》
《真相は分かんないけど、まほほんの表情を見ると、イジメにしか思えないよ…》

などといった声が上がっている。

「荻野は3月10日に〝モバイルメール〟で、唐突に『山口県』と書いたり、『NGT48』の全メンバーに送るメッセージを書く中で、山口と親しい菅原りこ、長谷川玲奈の2人だけを省くなど、疑惑の行動があまりにも多い。もしすべてがただの〝偶然〟なら、早く弁解するべきだと思います」(同・記者)

あくまで〝疑惑メンバー〟の荻野。クロなのかシロなのか、ハッキリするときは来るのだろうか。

 

【画像】

UM-UMM / Shutterstock

【あわせて読みたい】