坂口杏里の“風俗廃業→バンド頑張る”に「ツッコミどころが多過ぎる!」

(C)Volodymyr Tverdokhlib / Shutterstock

去る5月6日、タレントで芸能界復帰を目指す坂口杏里が、勤務している風俗店『デリヘル東京』のブログを更新。退店する意向を明かした。

坂口は「そろそろ羽ばたくときが来た…」「いろんなことがあったけど、デリ東でさいごの夜はここでよかったか」「5月半ばか後半には羽ばたきます!」などとつづった。

現在、坂口は右手の指2本を骨折しているため、トークのみ60分3万円、90分4万5000円の2コースでの出勤。9日には「来週の今か明日いなくなるか分からない」などとしていた。

坂口の退店の意向がネットニュースで報道されると、匿名掲示板からは早速、

《前も言ってなかった?》
《口はいいから先に行動に移してからお願いします》
《どうやって借金返すのよ》
《宣言する必要ない。辞めたら報告したら》

などとツッコミが入った。また、坂口はブログでアコースティックギターにはまっていることも報告しており、「アコギ依存症 もう手放せない」「ずっと横にはアコギいる 抱き枕的な 落ち着く」「今日もアコギと仲良くなりました 明日も仲良くなろうね アコギ、楽しい」などと記していたが、こちらにも、

《3カ月後アコギはもうやってないとみた》
《アコギ抱えてアーティストぶってるようにしか見えない》
《弾けないくせにw》
《坂口杏里ってバンドのボーカル担当だよね。 「アコギ依存症」になる前に歌の勉強に力を入れた方が良くない?》

など、ツッコミしかない。

 

“爆発”というより“暴発”

坂口は風俗店を退店した後、バンド活動をするとみられている。そのバンドの初ライブが4月24日に行われ、披露されたバンド名『杏里爆発』には衝撃が走ったという。

もちろん、このバンドに対してもネット上では、

《半年もたないに1票》
《いやーもうどこから突っ込めばいいの?ってぐらいツッコミどころ満載過ぎるよ》
《爆発はしてないと思うよ。 血迷ってはいるけど》
《あまりにバカっぽくて逆に気になるから、杏里のインスタ時々のぞいてたんだけど、バンドメンバーに向かって自分のことリーダー呼びしたり、この子たちのこと絶対裏切れないとか言ったり、謎の方向にはっちゃけてて意味不明》

などと、冷ややかな声しかない。

当の坂口はSNSにバンドの新メンバーが加入したことを発表し、「出会うべき人たちに出会ったなって思った 杏里爆発よろしくお願いします」などと、ご機嫌な投稿をしている。ここに至るまですべてが中途半端に終わっている坂口だが、果たしてバンド活動を続けられるのか? そもそも風俗をちゃんと卒業できるのか? それは間もなく答えが出るだろう。

 

【画像】

Volodymyr Tverdokhlib / Shutterstock

【あわせて読みたい】