子どもを休ませディズニーに? 木下優樹菜の投稿に“説教”殺到!

タレント・木下優樹菜のインスタグラム投稿が、ネット上で物議を醸している。

史上空前の10連休が明けた5月7日、木下は自身のインスタグラムを更新し、何やら西洋風の雰囲気が漂う場所からの自撮り画像をアップ。位置情報の欄には東京ディズニーランドとの表記があり、続く投稿でも、

《ポークライスロール激ウマのきわみ》
《雨の後さぶぃさぶぃ》
《ロンT持ってきてよかた♡》

などと同テーマパークのグルメを紹介し、ディズニーランドを満喫している様子を公開した。

どちらも木下本人しか写っていなかったインスタ投稿だったが、コメント欄には《お子さんと一緒にいたのに、握手してくれてありがとうございます》《お子さんとアトラクションに並んでるところ見掛けました》との声が。どうやら、本人は言及していなかったものの、ディズニーランドへは子どもを連れて行ったようだ。

 

子どもを休ませたと賛否の声が

しかし、木下の娘は春に小学校へ進学したばかりで、まさにゴールデンウイークが明けたこの日は、通常であれば授業が再開するタイミング。そのため、木下には「子どもの学校を休ませてディズニーランドに行ったのでは」との疑惑が浮上してしまい、ネット上には、

《入学後1カ月でこんなことしてたら、学校なんて休んでいいものだって認識が刷り込まれそう》
《別にいいけど小学生になったばかりの大事な時期でこれは…》
《大型連休明けに休ませるのはどうかと思う》
《学校行かせないとか育児放棄に近い》
《母親失格》
《もともとバカタレントなんだから、そんなのするにきまってるでしょ》
《子どもは学校が最優先でしょ》

などといった批判の声が上がってしまった。一方、

《他人の家庭にいちいち口挟むなよ》
《下の子だけかもしれないじゃん》
《家族で一緒にいる時間も大事だよ》
《私立公立とか、学校によってまだ休みだったりするんじゃないの?》
《お前らは知らないだろうけど、インターとか日本のカレンダー関係ないとこもあるよ》

など、木下を擁護する動きも見られている。

何でもかんでも憶測を呼ぶ人気芸能人は、本当に大変な職業だ。

 

【あわせて読みたい】