元アイドル・相原勇のガリガリ姿に騒然「病的…」「老けて見える」

相原勇 

(C)まいじつ 

5月9日放送の『直撃! シンソウ坂上』(フジテレビ系)が、80年代後半から90年代にかけて人気を博した元アイドル・相原勇の現在を紹介し、視聴者に衝撃が走った。

この日の番組は『海外移住芸能人SP』と題し、日本国外に在住しながら活動を続ける芸能人を大特集。相原は現在ハワイに拠点を移しているとのことで、番組は直接現地へ赴いてインタビューを試みた。

「相原は〝イカ天〟こと『三宅裕司のいかすバンド天国』の司会や、フジテレビ系〝月9〟ドラマの出演で人気を博した他、篠山紀信氏撮影でのヌード披露、当時の大横綱・曙との交際などで、何かと話題になっていたタレント。しかし、90年代後半からはニューヨークなど海外に拠点を移し、2013年にはハワイ在住の一般男性と結婚してそのまま移住しました」(芸能ライター)

 

にこやかな表情とは裏腹の激ヤセ体型

番組内の相原は、「ひと言でいうと、賃金が安くて物価が高い」と現実を語り、ハワイの華やかなイメージに反して生活は苦しいと告白。しかし、今年4月から始めた観光ガイドの仕事は「やっとやりがいのある仕事に就けた」と語るほど合っているようで、カメラがツアーに密着する場面では満面の笑みを浮かべていた。

しかし、楽しそうな表情とは裏腹に、相原は骨が浮いて見えるほどガリガリな体型。ネット上にも、

《痩せ過ぎだから余計老けて見える》
《ガリガリだけど病気なの?》
《まだ50代なのに老婆みたい》
《摂食障害?》
《見た目が全然健康的じゃない》
《病的なガリガリ》
《足細過ぎだろ…》

など、心配する視聴者の声が数多く上がっていた。

密着中、体調不良を訴えて病院へ行き、1時間半もの間、点滴を打つ場面も見られた相原。体調は日常的に優れていないようだが、それでも本人は家族とともにハワイで過ごしたいと語っている。日本の芸能界には、よほどのトラウマを抱えているようだ。

 

【あわせて読みたい】