宇垣美里が“ギャップ萌え”大胆コスプレ披露で芸能界を席巻!?

宇垣美里

(C)まいじつ

5月11日、東京・池袋のサンシャインシティで行われたイベント『Ultra Acosta! @池袋サンシャインシティ』に、元TBSアナウンサーの宇垣美里が、人気コスプレイヤーのくりゅ、NaGi、椛乃ねむらとともに登壇した。

宇垣は、カネボウ化粧品のブランド『KATE』オリジナルキャラで黒の魔女「Obsidian -オブシディアン-」になりきって登場。コスプレ姿のまま報道陣に囲まれると、「気分がすごい上がります。コスプレは2回目(情報番組『サンデー・ジャポン』(TBS系)内で、『魔法少女まどか☆マギカ』の鹿目まどか、『美少女戦士セーラームーン』の月野うさぎを演じていた)ですが、ここまで本格的なのは初めてです。かなりの完成度でうれしい。世界観がしっかりしたキャラなので、笑わずに微笑むくらいにしました」とコメント。次回のコスプレについては、「魔法少女セーラームーン、魔女ときて、次は人間じゃない何かをやってみたいです」と意気込んだ。

 

あえてギャップを狙っている

〝闇キャラ〟や〝勝気な性格〟としても知られる宇垣だが、自分の性格については「周りの人に愛を持って接しています」「何となく厳しいイメージをお持ちの方も多いと思いますが、意外と丁寧で優しいんですよ(笑)」と話し、実際に会った人には〝厳しいイメージ〟とのギャップを狙っているのだそう。

恋愛に関する質問は、4月からフリーになったため忙しく、「おかげさまでけっこう忙しくて、する機会がなかなか。そうですねえ、いませんかねえ(笑)」とかわした。

今後の活動では、TBS以外の局や海外など、今までとは違う場所へ行ってみたいという宇垣。〝ギャップ萌え〟で芸能界を席巻できるか大注目だ。

 

【あわせて読みたい】