16歳少女の脚を“偏愛”するフィギュア髙橋大輔に「心底キモい…」の声

(C)Iurii Osadchi / Shutterstock

5月11日の『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)で放送されたワンコーナーが、ネット上で物議を醸している。

この日、番組には男子フィギュアスケートの髙橋大輔が登場し、競技生活からプライベートまでを赤裸々に告白。また、トークの話題は異性の好みや結婚観にも及び、MCの久本雅美は「女性のチェックする部分は?」との質問を投げ掛けていった。

髙橋が「脚の形フェチ」と明かすと、久本は「フィギュア選手の中で、この人の脚ステキだなーって人は?」と重ねて質問。すると、髙橋はロシアのアリーナ・ザギトワを挙げて「お尻から太もものラインにかけて…」「ふくらはぎもしっかりしている」と答えたため、ここでパネルを用いたクイズが出題された。

パネルに印刷されたのは、競技中の女性フィギュアスケート選手3名の写真。それぞれ上半身はシールで隠され、髙橋は脚だけをヒントにザギトワを当てることになり、結果、見事に正解を言い当てた。

 

日本のテレビ界にドン引きする外国人

しかし、ネット上ではこのクイズが「ザギトワ選手に対するセクハラではないか?」との意見が相次ぎ、ツイッターには

《ザギトワの足を褒めるというより、並べたことによりスタイルの品評になったように感じ、正直不愉快な気分になりましたね…》
《30過ぎの男性、しかも競技での先輩が16歳の少女の脚のこと話してるの見て心底気持ち悪かった》
《16歳のアスリートの脚の画像をさらして脚フェチクイズなんてあり得ない…》

などといった番組批判が噴出。また、「不愉快」「日本のテレビに驚いた」とする外国人や、現役国会議員の《制作の途中で誰も問題だと指摘しなかったのだろうか》というツイートにも多くの賛同が寄せられている。

「昨年4月、TBSの『ビビット』にザギトワが出演した際、MCの堀尾正明が『どういう男性を彼氏にしたい?』と質問し、テリー伊藤が『いい質問です!』とはやし立てる場面がありました。すると、ザギトワはこの質問に苦笑いを浮かべ、ネット上では『失礼過ぎる』『ゲスオヤジがみっともない』と批判が殺到。今回もまた、日本のゲスな番組のせいでザギトワに迷惑を掛ける形になってしまいました」(テレビ誌記者)

相次ぐゲスな発言のせいで、ザギトワが日本自体を嫌いにならなければいいのだが…。

 

【画像】

Iurii Osadchi / Shutterstock

【あわせて読みたい】