きゃりーぱみゅぱみゅ「デビューのきっかけ」トークで“黒歴史”を封印

5月12日放送のトーク番組『ボクらの時代』(フジテレビ系)に出演したきゃりーぱみゅぱみゅが、芸能界入りのきっかけについて「ウソを吐いた」と話題になっている。

今回、トークに花を咲かせたのは、きゃりーの他、橋本環奈、元『でんぱ組.inc』最上もがの3名。プライベートでも仲が良いということから和やかな雰囲気で始まり、冒頭から互いの仲良しエピソードが披露されていった。

続いて、話題は「仕事を始めたきっかけ」に移り、最上は「親のリストラが一番ですかねぇ」と意外な経緯を告白。昔から目立ちたがり屋だったという橋本は、小学生のころに自らオーディションを受けたと語り、続くきゃりーは、「高校生のときから『きゃりーぱみゅぱみゅ』になったから…」と高校時代が原点であると振り返った。

 

「とっさにウソついたのがハイライト」

確かに、彼女が『きゃりーぱみゅぱみゅ』の名で活動し始めたのは高校時代で、この点に何らウソはない。しかし、〝芸能界入り〟でいえば、さらにさかのぼることができるようで…。

「既にネットでも有名ですが、きゃりーは小学生のころに本名でジュニアアイドル活動をし、水着姿が収められたDVDもリリースしていました。レーベル名は『いもうと倶楽部』と名前からしてアウト臭のするもので、その過去は紛うことなき〝黒歴史〟。封印ぶりも筋金入りで、これまでメディアで語られていないのはもちろん、ツイッターで『本名時代からのファンです』とリプライすると即ブロックされるとの報告も多数上がっています」(アイドルライター)

こうした過去を知る者にとって、一連の流れはかなり興味深かったようだ。ネット上には、

《そうか、だから変なもごもごしたしゃべりだったんだな》
《きゃりーにいもクラの話すると鬼の形相に変わるらしいよ》
《きっかけ聞いてるのに高校からってすでに話題そらし始まってるw》
《面白かったけど、橋本環奈に詰められてきゃりーちゃんがとっさにウソついたのがハイライト》
《スネに傷ある人同士の会話はスリリング》

などといった感想が上がり、意外な形で好評を博すこととなった。

番組内では、きゃりー自ら「小学校の友だちと会うと『え! きゃりーじゃん』ってなる」「(小学生のときの)自分とぜんぜん違う」と語る場面もあった。容姿が変化したことを認める発言のようだが、これとジュニアアイドル活動封印との〝差〟が何なのかは、本人にしか分からない謎だ。

 

【あわせて読みたい】