ムロツヨシと同レベルの言い訳? ダレノガレ「整形の友人」笑って大炎上

ダレノガレ明美

(C)まいじつ

モデルでタレントのダレノガレ明美が、美容整形をしたと思われる知人に対するツイートで炎上騒ぎを起こした。しかも、ダレノガレはその後に〝小学生並みの言い訳〟をしたとして、ネット上では「指摘の真意が伝わってないんだなぁ」「ダレノガレってここまでバカだったんだ 知らなかった」などと、さらなる批判の声が相次いでしまった。

ダレノガレは5月14日、自身のツイッターを更新。《久しぶりに会った人が顔が全然違くなっていて わぁーってなったけど、言わない方がいいんだよね? 聞かない方がいいんだよね? 笑》などと投稿。ファンから《極端に痩せたのなら問題ないかな?》と、痩せたから容姿が大きく変わったのではないかという見解が寄せられると、ダレノガレは、《いや! 痩せたとかじゃない! 私、美容外科の受付やってたときあるから分かるのよー 特に鼻と目は分かりやすい!》などと、自身の経験に基づいて知人の整形の疑いを強めた。この投稿には〝泣き笑い〟の絵文字を付けている。

するとこれに対し、批判のリプライが殺到。

《本人も見れるところでつぶやくのはどうなの?》
《性格悪過ぎて草》
《本人に直接聞く勇気もないからSNSで大勢の人巻き込んで遠回しにマウント取ろうとしてる魂胆見え見え》
《こいつは発言がいつも軽率。バカなんだと思う》

などと、軽い炎上騒ぎになった。しかし、厳しいリプライを受けたダレノガレは、

《なんかさーみんなマイナスに考え過ぎじゃない? 友達が顔が全然違かったら言う? 聞く? とか質問しただけなのに 感情的になり過ぎ! 人によっては言う人もいるし 言わない人もいるから聞いただけじゃん! どちらが正解なのか知りたかったから!》

などと反論。ついには、

《んー整形を侮辱したわけでなく、言うか、聞くか、聞いただけですよね?》

と、〝侮辱〟ではなくあくまで〝質問〟だったということを強調した。

 

「笑」であおってから「ただの質問でした」

「ダレノガレが批判されているのは整形への侮辱ではなく、〝本人が見るかもしれないSNSに書いたこと〟です。そもそも言い訳の論点がズレていますね。しかも最初のツイートに『笑』や絵文字を付けてあおっているのに、批判されたら『純粋な質問だったの!』と言い訳するなんて、さすがに無理があり過ぎる。ムロツヨシと同じパターンの〝言い訳自爆〟ですね」(芸能記者)

ムロは以前、派遣型マッサージ店の女性従業員への強制性交容疑で親友の新井浩文被告が逮捕された際、《こっから、また、応援しよう》などと意味深なツイートをして大炎上。その後、《このつぶやきはサッカーアジアカップの決勝戦を見て、代表への思いでした》などと苦しい言い訳をしていた。

ダレノガレは当該のツイートを削除し《ツイッターあまりつぶやくのやめたー》としているが、即座に沈静化することは難しそうだ。

 

【あわせて読みたい】