可愛すぎる!ざわちん“女子高生化”の加工技術に「教えてほしい」

ざわちん 

(C)まいじつ

ものまねメークで人気のタレント・ざわちんが5月15日、自身のインスタグラムを更新。制服姿でディズニーを満喫した様子を公開したが、もはや〝おなじみ〟となった〝別人レベルの〟加工術に、一部ネット上では「加工の域を超えている」などと絶賛する声が上がっている。

現在26歳のざわちんは《ネタで制服ディズニーwww》と、チェック柄のスカートと紺色のベストという女子高生の制服姿でディズニーランドを訪れたことを報告。《部活のマネジャー感》を出すために、お笑いコンビ『TKO』木下がプロデュースしているブランド『BUCCA 44』のウィンドブレーカーらしき上着を羽織っていたことをつづっている。

この投稿にファンは、

《まだまだ制服イケるじゃん》
《もう天使ですまぢで》
《こんな子居たら一発で好きになる》

などと大絶賛するコメントを寄せた。

 

どうやったらこうなるのだ!?

一方、ネット上でも「実際の姿とあまりにも相違している」と指摘する声が続出。もはや〝別人レベル〟にまで加工できるざわちんの技術力に注目が集まっており、

《加工上手!!》
《この人見ると素直に加工技術ってすごいなと感心する》
《この加工術教えてほしい》
《顔をギュッと丸顔にする加工を教えてほしい!!!》
《ほんと加工後はかわいいよ!》
《ハリウッドとか海外セレブや歌手の写真やらジャケットやら撮って抜群に加工してあげたら、売れるんじゃない?? 笑》

など、技術を伝授してほしいと懇願する声も相次いでいる。

「はやりのインスタグラマーたちも、ざわちんさんの加工術には舌を巻いているようです。通常、加工修正すると、バランスや色味などどこかしら〝不自然〟な箇所が出てきてしまいますが、ざわちんさんの写真にはそれが一切見当たらない。ものまねメークで鍛えあげられたその腕は〝加工の域〟を超えた〝作品〟ですよ。作品ならばいくら実物とかけ離れていたとしても批判するのは野暮ってものです。もはや、加工をたたく時代は終わり、加工後の作品を〝楽しむ〟時代になってきたのではないかと、ざわちんを見て思います」(芸能ライター)

まさに〝加工大航海時代〟の現在。ざわちんはそのトップを走り続けていると言えるだろう。

 

【あわせて読みたい】