GACKT元所属バンド脱退の“真相”明かすもファン怒り「美談にするな」

GACKT

(C)まいじつ

歌手のGACKTが5月16日『直撃! シンソウ坂上』(フジテレビ系)に出演。バンド『MALICE MIZER』(マリスミゼル)に所属していた時代の回顧話を披露し、活動休止後に急逝したバンドメンバーに「謝りたい」などと率直な思いを口にした。しかし、同バンドの往年のファンからは賛否両論が飛び交う展開に。GACKTの〝黒歴史〟を美談化しようとしていると指摘し、激怒するファンが相次いだ。

前週に引き続き、坂上忍がGACKTの私生活に密着。GACKTは「謝りたい人物がいる」と、同バンドのドラマーで1999年に亡くなったKamiさんについて口にした。GACKTは同バンドでボーカルを務めていたが脱退。当時はGACKTが「行方不明」「雲隠れした」などと報じられた。

番組内でGACKTは「バンドのメンバーが集まって、『解散する』みたいな話になった」と真相を口に。本人はバンドを「続けるつもりだった」というが、「僕対メンバー、社長」に意見が完全に分かれたとし、不本意ながら同バンドを脱退したと明かした。

2001年の脱退後、同バンドは4人での活動を模索し始めたが、ほどなくKamiさんが急逝。ニュースになってから知ったというGACKTはKamiさんの墓前に向かい、脱退を避けられなかったことを謝ったという。以来、毎年墓参りを欠かしていないと明かした。

 

「バンドを踏み台にしている」と批判殺到

ファンはGACKTの赤裸々な告白を歓迎していたが、同バンドのファンだった視聴者からは恨み節も聞かれる。

《謝りたかったなら、復活ライブ決まってたのにGACKT側の都合で中止になったのは何で?》
《kamiのこと御涙頂戴に使ったり俺はマリス続けたかったとかいうのやめてほしい。勝手に去ったのはGacktだよ》
《何も言わずに雲隠れして勝手に脱退しといて語るな》
《自分を大きく見せててマリスもだけど踏み台にしてるように思える》
《GACKTが失踪騒ぎの末の脱退で一番キレいてたのはKamiだというし、一体どのツラ下げてと? 思った》

このように、一部視聴者はGACKTの告白に疑問を持っているようだ。

番組ではGACKTがKamiさんの両親の自宅を訪れ、親交を深める場面も放送された。果たして真相は…。

 

【あわせて読みたい】