キアヌ・リーブス演じる暴走科学者が金髪美人妻を死後再生!『レプリカズ』

映画『レプリカズ』

映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『レプリカズ』

配給/ショウゲート TOHOシネマズ日比谷ほかにて全国公開中
監督/ジェフリー・ナックマノフ
出演/キアヌ・リーブス、アリス・イブほか

死者を蘇生させる禁断の研究、というと〝フランケンシュタイン〟の昔から禁断のテーマではある。今回は人気スター、キアヌ・リーブスが暴走する科学者を演じるSFスリラー・サスペンス。ただし〝映画は女優で見る〟のボクのお目当ては、当然ながら共演のパツキン女優アリス・イブだけど。

神経科学者のウィリアム(キアヌ・リーブス)は、妻子を交通事故で失うが、衝撃のあまり、妻子の遺体を研究所に持ち込み、自らの研究をもとに〝死後再生〟という禁断の暴挙に走る。こうしてよみがえった美人妻モナ(アリス・イブ)らと、一見、昔と変わらぬ生活をし始めるのだが…。

 

暴走ぶりが小気味よい

キアヌは『マトリックス』(99年)や『ジョン・ウィック』(14年)など、トム・クルーズに続くほど息の長いスターとして君臨しているが、最近は美女たちにひどい目に遭う『ノックノック』(15年)や偏屈男を演じた『大人の恋はまわり道』(18年)など、毛色を変えて変化球の役柄も楽しんでいる。今回も〝マッド・サイエンティスト〟(狂った科学者)に近いキャラなのが注目点だろう。とはいえ、ボクが目移りするのは前記の通り、ヒロインちゃん。このアリス・イブは約10年前、ハリソン・フォード主演の『正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官』(09年)で、オーストラリアから違法入国した若い娘を演じて一目惚れした逸材。その後、『スター・トレック』シリーズにも出て知名度を上げ、今回、堂々キアヌと共演だもの。ボクは勝手に親戚のおじさんのように誇らしい気持ちだ。

女優としての度胸も満点。『正義のゆくえ――』では鬼畜な移民判定官を前に開き直って〝枕営業〟。ドド~ンとフルヌードになってくれたっけ。今回だって、脱ぎ惜しみしない。遺体となった彼女が透明な遺体安置ポッドの中で、全裸で眠りについているシーンで、しっかりオールヌードに! いやあ、眼福ですなあ。こんなパツキン美人妻なら、悪魔に魂を売り渡してもよみがえらせたい、と思うのも無理はない。蘇生したパツキン妻は一見平常に移るが、無理して生き返らせたもんだから、どこかぎこちない。人工的、AI的な動きも見せるあたり、イブちゃんも芸が細かいぜ。

その後の、この科学者一家の暴走ぶりは、かなり突っ込みどころ満載だが、あまりにモラル破壊、掟破りな暴走ぶりに、いっそ小気味よい、と思ってしまう。これも〝イブ効果〟と言うのでしょうか。

 

【あわせて読みたい】