浜崎あゆみ、平野紫耀、広瀬すず… バレバレの嘘をついた芸能人たち

浜崎あゆみ

(C)まいじつ

インターネットが普及した今の時代、芸能人の〝ウソ〟は簡単にバレるようになってしまった。それでも芸能人たちは、なぜかウソをつき続け、そのたびにツッコまれている。

まずは浜崎あゆみ。2017年放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演した際、「スマホを持っているけど使えない」「連絡先とかどこに出てくるのか分からない」「スマホはケースに入れない」などと、とにかくスマートフォンに疎いことをアピールしていた。

しかしこの放送以前から、浜崎はインスタグラムにスマホでの自撮り画像を多数投稿。しかも、スマホは高級ブランドのケースに入っていたのだ。また、16年にスマホゲームのCMに出演した際には、取材の中で「私は意外だと言われるんですけど、家にいるときずーっと(スマホゲームを)やってます。何時間でもできちゃう(笑)」と発言。あまりにもバレバレなウソの連発に、視聴者はただただ困惑するしかなかった。

 

母親の年齢を逆サバ

続いては『King&Prince』(キンプリ)の平野紫耀。昨年9月放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演した際、平野は自分の母親の年齢を聞かれて「40歳です」と回答。しかし、13年のテレビ出演時には、母親の年齢が「33歳」だと告白。2つの証言が完全に矛盾している。

「過去の発言が本当ならば、平野の母親は、平野を高校生くらいのころに妊娠していることになります。親のことといえど、明らかにイメージダウンになってしまうので、平野はここらへんの年齢を微妙にごまかしているのでしょう」(芸能記者)

最後は広瀬すず。『週刊女性』17年8月15日号に掲載されたインタビュー内で、広瀬は中学生時代のエピソードを聞かれると、「成長期の男の子は全く話し掛けてくれなくなっちゃって。当時はほとんど男の子としゃべった記憶がなく、マドンナの〝マ〟の字もない感じでした(笑)」と、ほとんど同級生の男子と接点がなかったことを明かしていた。

「しかし広瀬は、中学の卒業式で、男子の集団に女子一人で交じり、ノリノリでピースをしている写真が流出しています。また、中学時代の広瀬らしき女性とその彼氏との〝キスプリ〟もネット上に転がっていますね。まあ、〝卒業式だけ記念に撮影した〟〝プリクラは偽物〟とシラを切れば逃げれられる範囲ですが…」(同・記者)

ウソは、場合によってはタレントイメージを一気に落とすことになる。芸能人ならば肝に銘じるべきだろう。

 

【あわせて読みたい】