写真もあるのに…不倫疑惑がスルーされた“闇深い芸能人”たち

マギー

(C)まいじつ

不倫報道は芸能人の芸能生命を奪いかねないほどの大打撃を与えるが、一方で〝グレー〟のまま何事もなく鎮火してしまった不思議なケースもある。

2016年10月から19年の3月まで『ZIP!』(日本テレビ系)で総合司会を務めていた川島海荷。清純なイメージで売っていた彼女だが、17年10月、『FLASH』に40代のTBS局員との手つなぎデート写真が掲載されてしまった。

しかし、決定的な写真を撮られたにもかかわらず川島は不倫を否定し、手をつないだのは酔っぱらってフラフラだったからと弁解。相手とは、ドラマで一緒に仕事をしてから親しくなり、たまに相談に乗ってもらっているだけだとか…。

「この事件はネット上でかなり大きな話題になったのですが、テレビでは全くと言っていいほど扱われず、見事なまでにスルーされましたね。明らかに何か大きな力が働いたと見て、間違いないでしょう」(芸能記者)

モデルのマギーも17年1月に『Hi-STANDARD』横山健との不倫を『フライデー』にスクープされたが、各テレビ局が完全にスルー。『ワイドナショー』(フジテレビ系)で松本人志が少しイジったところ、東野幸治から「その話は鍵がかかっています」と制される一幕もあった。

 

マスコミ総スルーの闇

他に、『V6』岡田准一に関しては、現在の妻・宮崎あおいと不倫の末に結ばれたという疑惑を持たれている。2人は、宮崎が前夫の高岡奏輔と婚姻関係にあった11年12月に、『週刊文春』で不倫疑惑が報じられていた。それと同時に、岡田が高岡に土下座をしたというウワサまで流れ、ネット上ではすっかり岡田と宮崎は〝不倫夫婦〟のイメージが付いている。

「この夫婦も、テレビではスルーされましたね。実際、決定的な証拠がなくて本当に不倫関係にあったか分からず、テレビが一歩引いたという可能性もあるようです」(同・記者)

昨年7月には、何とタモリの不倫が報道された。『週刊新潮』によると、お相手は脚本家の中園ミホ氏で、14年暮れの『NHK紅白歌合戦』でゲスト審査員として共演したことをきっかけに仲を深めていったという。

「タモリは愛妻家キャラとしても有名だっただけに、この報道はかなりショッキングでしたね。しかしテレビ局はやはりスルー。理由はタモリの所属する芸能事務所が、圧倒的な力を持っているからだとウワサされています」(同)

世間の声など芸能界の〝本気〟をもってすれば、簡単にねじ伏せられるのかもしれない。

 

【あわせて読みたい】