「シャツ突き破りそう」テレ東・角谷暁子アナの“乳強調”に大興奮!

5月15日放送の『家、ついて行ってイイですか?』(テレビ東京系)に、同局の角谷暁子アナウンサーが出演。推定Eカップといわれる胸を強調した衣装で、視聴者の目をくぎ付けにした。

通常、同番組には鷲見玲奈アナウンサーが出演しているが、この日は角谷アナが代役を務めることに。『おぎやはぎ』矢作兼、ビビる大木とともに、俳優の山本耕史、磯村勇斗をゲストに迎えて番組が進んでいった。また、一般人の家庭でVTRを見る形だったため、一同は座布団に座ってリラックスした体勢に。すると、ストッキングをはいた角谷アナの美脚もローアングルから映され、

《角谷アナエロ過ぎる》
《角谷の下半身すごいな》
《角谷は美乳&美尻&美脚!》

などと早速、視聴者が色めき立っていく。

 

横アングルに視聴者たまらず…

角谷アナは画面左端に陣取っているため、番組を進めようと話を振る際は体を出演者の方へ向ける場面が多く見られた。すると、横を向いたことで胸の膨らみが強調され、バストラインは幾度となくあらわになっていく。

これには視聴者もたまらず、

《おっぱいデカ》
《ホルスタイン角谷》
《シャツ突き破りそう》
《テレ東のアナってなんでこんなドすけべバディな子ばっかなんだw》
《おっぱいでけええええええええええええ》

などと大興奮。鷲見アナ不在で落胆するかと思いきや、歓喜の声が多く寄せられている。

「角谷アナは入社3年目で、大学時代には『ミス慶応コンテスト』グランプリも獲得した期待の若手。ミスコンに参加するだけあって容姿には自信があったのか、当時は今よりも派手な外見をしていました。さらに、ネット上ではバニーコスプレや胸を強調したニット服、ミニスカでしゃがんだ写真を公開するなど、異性の気を引くあざとさも持ち合わせていたよう。慶応という環境を踏まえると、こうした〝武器〟を使って数々のオトコたちを虜にしてきたことでしょう」(女子アナウオッチャー)

今回のバスト強調も確信犯?

 

【あわせて読みたい】