吉沢亮の“中学生写真”に幻滅「田舎のヤンキー」「チャラ過ぎる」

吉沢亮

(C)まいじつ

5月17日放送の『あさイチ』(NHK)に、〝国宝級イケメン〟として大ブレークしている俳優の吉沢亮が出演。イケメン過ぎる学生時代の写真を公開したところ、思わぬ批判が続出してしまったようだ。

現在放送中の連続テレビ小説『なつぞら』で、ヒロイン・広瀬すずの相手役を務めている吉沢。この日は、吉沢が「小学校3年生から高校2年生くらいまで片思いしていた」という、意外な甘酸っぱいエピソードが紹介された。

その流れで、中学生時代の吉沢の写真が公開され、吉沢は「中学のときは人生の一番のモテ期で、めちゃくちゃモテたんです。学年の3分の1から告白されました」と驚異のエピソードを披露。しかし片想いを続けていたため、誰とも付き合わなかったという。また、高校時代はすっかりモテなくなり、男子からも女子からも声を掛けられない孤独な生活を送っていたと明かした。

 

設定は“孤独キャラ”だが…

番組で公開された吉沢の中学時代の写真は、既に今の面影が十分にあるとんでもない美形。

視聴者からは、

《モテるに決まってる顔だよなあ》
《これは学年の3分の1から告白されても当然だわ》
《同じクラスだったら確実に好きになる自信ある》
《えげつない完成度だね》

などといった驚きと称賛の声が続出。しかし一方で、茶髪にピアス、〝盛った〟髪型であったため、

《うわ、チャラいなwww》
《中学茶髪でピアスで許されるの?》
《中学生で茶髪とピアスは不良しかいない。元ヤンなの? グレてたんだね》
《田舎のヤンキーイケメンにしか見えん》
《イキっていてヤリチン臭がスゴい》

など、現在のイメージとのギャップにドン引く声も多数上がっていた。

「超イケメンでヤンキー丸出しの風貌なのに、中学生時代は片想いで彼女ナシ、高校時代は孤独なんて、あまりにも無理がありますね。今が好青年キャラとして売り出しているので、なるべく派手なイメージを付けたくないのでしょう。山崎賢人や佐藤健なども学生時代に孤独だったと告白しており、イケメン俳優界では〝孤独キャラ〟が鉄板のようです」(芸能記者)

同級生たちの〝暴露〟が炸裂しなければいいのだが…。

 

【あわせて読みたい】