テレビに出なくなった後藤真希…裁判結審後に『暴露本』を出版か

後藤真希 

(C)まいじつ

元『モーニング娘。』の後藤真希による〝暴露本〟出版のウワサが水面下で伝わっている。

後藤は今年3月、かつての恋人との不倫関係が発覚。一般人の年下夫と離婚は必至かと思われたが、一転して関係を修復。夫がその〝元カレ〟を訴えるという前代未聞の展開となった。

「自身のブログで不倫を認めただけでなく『夫とは別の男性と関係がありました』と、あからさまに書いたのには驚きました。元カレさんにいろいろと相談に乗ってもらううちに肉体関係になったとのことですが、『夫婦ゲンカを過度な表現にしてしまい…』などというのです。よく恥ずかしくなく書けたなと思います」(夕刊紙記者)

後藤は2015年に結婚。元カレとは、それよりもずっと前に、わずか数カ月ほどの交際だったという。

「昨年の1月からメールをやり取りし始め、徐々に燃え上がっていったようですね。今の夫と別れたら即結婚しようみたいな話にまでなっていたといいます。元カレさんは、5歳年下の28歳。まだ若いだけに本気だったみたいです」(同・記者)

夫の方にも驚かされた。前述の通り、家庭を〝壊されかかった〟ということで、元カレに対し330万円の民事訴訟を起こしたのだ。

「元カレさんにとっては青天の霹靂でしょう。後藤と結婚することになるかもしれないと思っていたわけですからね。こうなったら逆に結婚詐欺で後藤を訴えるかもしれません。結果的に夫と元サヤに収まっているのですから、そう取られかねない。後藤は非を認めているので分が悪いでしょう」(同)

 

今さら好感度は気にしない

後藤のブログは、不倫を認めた3月13日以降、更新が止まったままだ。

「今は何をやっても批判の的になるので、沈黙でゴマかしているんじゃないですか。まだ裁判中なのでテレビの出番もないし、通販のスポンサーも切れたようです。今後、彼女は執筆の方で稼ぐつもりらしいですよ」(芸能ライター)

後藤は過去に料理のレシピ本で大当てしたことがある。再び自著でボロ儲けを狙っているというのだろうか。

「もともと〝いいイメージ〟のタレントというわけではない。だからこそ、暴露本のオファーが複数入っているんですよ。中身は当然、『モー娘』を中心とした人間関係の暴露や下ネタ。彼女は昨年、不仲といわれた松浦亜弥や安倍なつみとの関係を唐突に持ち出し『本当は仲が良かった』などと、いい話題作りをした。でも彼女と仲が悪かったのは、メンバーほぼ全員ですからね。材料はいくらでもあるでしょう」(同・ライター)

出版の実現を楽しみにしたい。

 

【あわせて読みたい】