東出昌大が『ネプリーグ』で恥ずかしいミス「独特過ぎて気持ち悪い」

東出昌大 

(C)まいじつ

俳優の東出昌大が5月20日、『ネプリーグ』(フジテレビ系)に出演し、数々の常識クイズに挑戦した。派手に間違えることはなかったものの、漢字の書き取り問題で「知識がないのでは?」と呆れる声が寄せられる場面もあったようだ。

クイズ形式で2チームが争う同番組。東出は映画『コンフィデンスマンJP』(17日公開)で共演した長澤まさみ、小日向文世とともにゲスト出演、『ネプチューン』の原田泰造、名倉潤とチームを組み、林修、堀内健、『乃木坂46』の秋元真夏、堀未央奈、与田祐希のチームと対決した。

東出の「漢字力」が話題となったのは、モニターに漢字を書き入れて正誤を問う『日本語ツアーズ』のコーナー。東出は不正解した長澤の後を引き継ぎ、歴史上の人物や難読字の書き取りに挑戦した。

 

漢字の書き順を続々間違え…「気持ち悪い」の声も

「与謝野晶子」の「晶子」は見事に正解したが、「鉄棒」の「棒」は最後3画の書き順を間違え、長澤は「あれ?」、原田も「びっくりしたー」と焦る場面が見られた。番組側も「書き順は判定に含まれません」とテロップを表示、東出の書き順が間違っていることを暗に示唆していた。「名刺」の「刺」も正しく書き入れたものの、辺部分の縦棒を先に入れてしまうミス。漢字そのものは間違えずにクリアはしたものの、書き順を相次いで間違える展開が続いた。

東出は結局、書き取り問題で5問正解する活躍を見せた。東出のファンからは、

《書き順に癖があるのめちゃくちゃかわいい》

と好意的に見る声もあったが、書き順にこだわりを持つ視聴者からは、

《漢字は書けてるんだけど大体書き順がおかしい》
《東出昌大の漢字の書き順が独特過ぎて気持ち悪い!!》
《東出の漢字の書き順意味不明やろ》
《馬鹿なのかな。書き順全然合ってないよね》

などと非難する声も見られた。

緊張してテンパっただけだと信じたい。

 

【あわせて読みたい】