長澤まさみがセクハラを告発! おじさん俳優の手口に「マジで気持ち悪い!」

長澤まさみ

(C)まいじつ

2016年放送のNHK大河ドラマ『真田丸』の塙団右衛門役で注目を集め、18年放送のテレビドラマ『コンフィデンスマンJP』や『SUITS/スーツ』(ともにフジテレビ系)でも人気を博した自称〝シンデレラおじさん〟俳優の小手伸也が、5月17日放送の『ダウンタウンなう』(同系)に出演。ドラマで共演した女優・長澤まさみを怒らせたエピソードを明かし、視聴者からの批判を浴びてしまった。

この日の小手は「芸能界のいろんな人を怒らせている」として、長澤まさみや小池栄子、美輪明宏といった芸能人とのエピソードを告白。まずは『コンフィデンスマンJP』でドラマ・映画にわたり共演した長澤まさみから、VTRによる証言が届いた。

冒頭から「『えっ? 何この人』みたいな、距離感が気持ち悪いときがある」と小手を斬った長澤は、続けて「女の子同士でハグして『お疲れ様!』って、女の子だから何の遠慮もなく行けるじゃないですか?」「女の子と同じ勢いで小手さんも来る」と衝撃的なエピソードを暴露。また、セクハラ的な行為はこれだけにとどまらないようで、同様の話がさらに明かされていく。

 

「ただの性犯罪」などと批判が続出

長澤が「突然、私の顔を触ってきたりとかするんですよ。何の躊躇もなく」と明かすと、ここで同ドラマのトークイベントで収められた証拠映像が流れることに。すると、確かに小手は話の流れと関係なく長澤の頬に手を当て、長澤は腕をたたくジェスチャーで嫌がるそぶりをした他、「本当に嫌でした」「(小手は)汗を手で拭いてたりするんですよ…」と引きつった顔で当時の心境を振り返った。

その後も長澤の被害談は止まらず、「触られそうになったら分かるじゃないですか大体?」「そうじゃない、避けられない瞬間を狙ってくる」と、悪質な手口まで明らかになり、ネット上には、

《普通に気持ち悪い》
《たたの性犯罪》
《セクハラだし不意打ちだし本当に嫌がっててかわいそうだった》
《長澤さん本当に嫌だったでしょうね》
《寛大な長澤まさみでも気持ち悪いって思うんだから相当な迷惑行為》
《普通にキモいだろw 男の自分でも引く》

などといった小手への批判が続出。VTR明け、進行役の『ダウンタウン』と坂上忍から真意を詰められた小手は「…挑戦ですよね」と明らかに焦った様子で回答していた。

坂上と「ダウンタウン」への回答を見るに、おそらく本当に下心で及んでいたと思われる小手の行動。遅咲きでようやくブレークした俳優だったが、この好感度低下エピソードで早くも消えてしまうかもしれない。

 

【あわせて読みたい】