テレビで検証された“座敷わらし”の存在が「リアル過ぎる」と話題に

(C)Goahead / Shutterstock

5月9日に放送された『OH!バンデス』(ミヤギテレビ)の「解決!リョウ様」のコーナーで、座敷わらしのウワサを検証する企画が放送され、ネット上で話題になっている。

番組では、宮城県角田市にある業務食材専門店『マルセン』の蔵に〝座敷わらしがいる〟というウワサを検証。暗視カメラを3台設置し、おもちゃの音を鳴らしたり、話し掛けるなどして座敷わらしを呼び寄せた。後から蔵の内部を撮った写真を見ると、3つの〝オーブ〟が写り込んでいたことが判明。過去に店を訪れたお坊さんが「3人の座敷わらしがいる」と発言していたこともあり、視聴者からは「間違いない!」と驚きの声が上がった。

「去る4月17日に放送された『世界のなんだコレ!?ミステリー』(フジテレビ系)では、俳優の原田龍二が同店を訪れ、蔵の中で2泊を過ごしました。原田が蔵の中で、さとう宗幸の『青葉城恋唄』を歌うと、カメラに影のようなものが映りました。また、スタッフが誰も話し掛けていないのに、原田が会話を始めたことから、座敷わらしではないかと結論付けています。同店は、東日本大震災の際にも全く被害を受けなかったことから、〝パワースポット〟として、地元だけでなく全国的にも話題になっていますね」(エンタメ誌記者)

 

原田龍二のライフワークは座敷わらし探索

座敷わらしは主に岩手県に伝えられる精霊で、座敷や蔵の中に住む神といわれている。実際に座敷わらしを見た者には〝幸運が訪れる〟といわれていることから、岩手県の『緑風荘』『菅原別館』など、座敷わらしが出るといわれている旅館は1年以上先まで予約がいっぱいだという。

「原田は過去に数度、番組で座敷わらしを探す旅をしていて、今ではライフワークになっています。調査した場所は岩手県の他、長野県や山形県、鹿児島県など多方面にわたります。実際、秋田県の『からまつ山荘・東兵衛旅館』では、座敷わらしが遊ぶ姿を目撃したことから、ネット上では『最近の活躍は座敷わらしのおかげですね』『今や売れっ子の原田さん。座敷わらし効果だろう』などと、評判になっています。本人もロケが続いていること自体、仕事になっていることから、まんざらでもないようですよ」(同・記者)

元総理大臣の福田赳夫や原敬、実業家の本田宗一郎や松下幸之助は、座敷わらしに会ったことで幸運が舞い込んだといわれている。最近では原田の活躍を目にして、密かに座敷わらしが現れるという旅館に予約を入れている芸能人もいるとか。

急に売れっ子になった人がいたら、それは…。

 

【画像】

Goahead / Shutterstock

【あわせて読みたい】