吉本興業が山本圭壱に要求した復帰の条件とは?

吉本興業は、解雇したタレントのことをバックアップするという異例の対応を行っているため、各メディアがこぞって取り上げた。しかし、現実はそんな甘くはないようだ。

「フリーの芸人として対外的に仕事をするだけ。いまでも吉本に所属する予定はありません」(吉本興行関係者)

さらに、吉本興行の内情をよく知る民放関係者によれば、「今回のツアー実現は、相方の加藤浩次(47)の働きかけがあったことが一番大きかった。社長に直談判したようです。そして万が一、このツアー中に問題が起きれば、加藤も責任を負います。いまではキャスターとしても活躍し、吉本興業からも絶大な信頼を得ている加藤が、それだけのリスクを背負って臨むわけです」という。

山本を吉本興業へ復帰させはしないが、吉本興行も腹を括って業界のタブーを冒すという構図のようだ。

しかし、ライブツアー後の極楽とんぼの次のステップは、今後もコンビで活動していくことのはずだ。そのために、山本が吉本興行へ復帰するためには、どうしたらいいのか。

吉本興行関係者は「最低でも、いまのタニマチとの関係を切らなければ、反省しているとは認められない」と話しているという。

昨年、山本が地方のラジオ番組などで活動し始めたころには、吉本興行関係者が九州まで足を運び、内偵調査をしたという。しかし、その結果は「反省の色が見られない」という判断で、吉本興行への復帰が見送られている。