ローラ“インスタ一般人さらし”に批判続出! 自撮り場所も「非常識!」

ローラ

(C)まいじつ

モデルでタレントのローラが5月27日、自身のインスタグラムを更新。国内で電車移動した際の写真を公開したのだが、ネット上では「公共の乗り物に二度と乗るな」「ここまで来るともうヤバイ」と大批判の声が殺到している。

現在、アメリカのロサンゼルスに在住しているローラ。この日は日本に帰国していたようで、《ひさしぶりの電車》とコメントし、車内で自撮りしたショットをインスタグラムのストーリーに投稿した。位置情報は「神奈川県小田原市」となっており、路線名は明かされなかったものの、後の投稿でローラが向かった先は『小田原文化財団』という演劇関係の芸術文化施設だということが判明した。

ローラは、この施設での出来事として《彼女が鳥のさえずりの曲を止めたあと、森にいる鳥たちがおなじさえずりの歌を歌い始めたんだ》と、演奏者と鳥たちとの不思議な経験を振り返っている。

View this post on Instagram

彼女が鳥のさえずりの曲を止めたあと、森にいる鳥たちがおなじさえずりの歌を歌い始めたんだ。 とても美しいパワーが溢れている場所で素敵な経験でした🌿🕊 @hiroshisugimoto_ @iamkelseylu A friend of mine invited me to attend a really incredible outside musical experience at the Enoura Observatory yesterday. @iamkelseylu played a many-layered and beautiful song which ended with the sounds of birds chirping. Then the song ended and the most amazing thing happened- the birds in the forest surrounding the stage repeated back the sounds of the birdsong at the end of the performance. I couldn't believe my ears. Nature is truly wonderful and this kind of experience makes me realize how connected we all are🌿

A post shared by ROLA🇯🇵 (@rolaofficial) on

このストーリーが投稿されると、地元民をはじめファンからは「ローラに会いたかった」という声が続出。また、ローラが特に変装せず乗車しているとあって、周囲に気が付かれないのかと心配する声も上がった。

 

注目されれば何でもオッケー

しかしネット上では、ローラの自撮り写真に「一般人の男児ががっつり写りこんでしまっている」と指摘する声が殺到。

《どうでもいいけど一般人の顔は隠せよ》
《後ろの男の子かわいそう プライバシーもクソもない》
《いやいや後ろの男の子顔丸見えやん》
《え? 電車乗ってたらいきなりさらされるの?》
《何の許可もないのに勝手に自分の顔さらされるとか恐怖でしかない》

また、そもそも「電車内で自撮りする」という〝非常識っぷり〟に対しても、

《電車内で必死に自撮りしてるとか、常識なさ過ぎ お前いくつだよ》
《これはひどい 乗客に対するマナーがなってない 公共の乗り物に二度と乗るな》
《ただの目立ちたがりだと思ってたけどここまで来るともうヤバイね》

などと、怒りを通り越して呆れる声も続出した。

「ローラといえば、つい先日も友人の結婚式に〝アポなし参加〟をして『非常識過ぎる』と批判されていたばかり。今考えると、写真の不自然な加工修正などで注目を集めているのは、まだかわいげがあったもんです。しかし、もうここまで非常識な行為が散見されるとなると、世間も笑って許してくれませんよ。もっとも、ローラ自身は炎上でも何でもSNSで注目される〝快感〟に目覚めていそうですが…」(芸能ライター)

ローラのフォロワーは現在約550万人。一度投稿したら全世界に取り消しができない恐ろしさを、ローラは今一度考えるべきなのかもしれない。

 

【あわせて読みたい】