志尊淳の”母親に寝顔撮られた~”写真に「かまって女子かよ!」

5月23日、人気イケメン俳優の志尊淳がインスタグラムを更新。自身の寝顔を投稿したのだが、ファン層の女性からも「あざと過ぎる」とドン引きされている。

この日、志尊は、

《久々。実家にて。のんびり。#昼寝 #母の激写 #最近携帯使いこなしてるからって #すぐ写真撮る》

と、ハッシュタグを付けまくりながら投稿。久々に帰った実家で昼寝をしていたところ、母親に寝顔を撮られてしまったようだ。写真には確かに毛布にくるまり、目をつむっている志尊が写っている。

これにファンたちは、

《一瞬どこのかわいい子かと思いましたが、これぞ天使の寝顔です》
《普通に女の子かと思ったじゃん 女子超え過ぎだよ》
《そのエピソードに萌える》
《かわいい女子にしか見えなかったよー》

など大絶賛の声を寄せたが、ネット掲示板では、

《顔よりも投稿内容が女の子みたい》
《悪い意味で女子って感じだね 笑》
《たとえ撮られてたとしてもそれをアップするところがね(笑) かわいい僕ちゃん見ておくれ~(笑)》
《かまって女子のインスタかよ!》

などとドン引きする声が上がっている。

「『寝顔を撮られたー!』と言いながら、SNSに投稿する手法は、女子のあざとい手として有名ですね。過去にはそれを逆手にとって、中島美嘉が〝寝顔を撮られた風の自撮り〟を上げていたことも。つまり、寝顔写真を投稿するのは、もはやバカにされる行為なんです」(女性誌記者)

 

こみ上げる気持ち悪さ

これまでには、板野友美、土屋太鳳、浜崎あゆみ、紗栄子など、女子ウケが悪い女性芸能人たちがこぞって上げてきた寝顔写真。そして18年2月には、クロちゃんが、

《寝てたらいつの間にかマネジャーに撮られてたしんよー。コドモみたいな寝顔って。なんなのぉー(;ω;)》

などと投稿したところ、

《自撮りすんなタコ》
《しょーもねぇ嘘ツイートするな》
《文字が反転してて自撮りだとバレバレだぞソプラノダルマ》

などと猛反論を受けていた。

過去には上地雄輔、竹内涼真などが〝ぶりっ子おじさん〟とネット上で揶揄されていたが、志尊の仲間入りも確実のようだ。

 

【あわせて読みたい】