椎名林檎が“露出強要”を告白…売るために脱がせる腐った芸能界

(C)HPepper / Shutterstock

5月25日深夜に放送された『COUNT DOWN TV』(TBS系)で、歌手の椎名林檎が、駆け出しのころに水着を強要されていたと暴露。世間をざわつかせている。

椎名はデビューしたてのころに、テレビやラジオなどメディア関係者にあいさつ回りをしたのだが、そのときに「ゴースト(ライター)いるんでしょ?」「本当はいくつなの?」など、侮辱的な言葉を投げ掛けられたという。さらに、とあるキャンペーン会社関係の人間から、「プールサイドでの収録なんで、水着をなるべく着て来てほしい」と頼まれたそう。この仕打ちに、椎名は怒りなのか悲しみなのか、涙がこぼれたそうだ。

「ネット上では、『椎名林檎って結構自分から脱いでいるイメージだけど…』『フェスで水着来てたじゃんw』という反論もありますが、自ら脱ぐのと、要求されて脱ぐのは全く違います。〝偉いおじさん〟の指示で脱ぐのは、ただのセクハラ・パワハラですよね」(女性誌記者)

 

「インパクト=脱ぐ」が業界人の思考

この告白に、ネット上では、

《さすが腐ったセクハラ芸能界だね》
《椎名林檎ですらイロモノ扱い、色気要員みたいなときがあったんだね》
《売れる前に、いろんな場所でプロモーションするのは当然だけど、ミスチルやB’zやラルクが、水着で歌ってとか言われたことないだろうからね》
《この人ですら水着になるんだからAKB系なんて何をされているやら…》

などといったドン引きの声が上がっていた。

「〝売ってやる〟という名目で脱がされるタレントは、椎名以外にも多くいます。女優の吉岡里帆は駆け出しのころにグラビア活動をして水着になっていましたが、本人は泣くほど嫌だったと告白。少し違うかもしれませんが、『嵐』がデビュー時にビニールのスケスケ衣装を着ていたこともありましたね。また、半強制かは不明ですが、お笑い芸人の鳥居みゆきも出始めのころに水着仕事をやっており、いまだに〝黒歴史〟としてネット上で定期的に話題になります」(芸能記者)

世間に売り出すためにはインパクトが大事なのかもしれないが、業界関係者はインパクト=脱ぐという謎の考えがあるのかもしれない。

 

【画像】

HPepper / Shutterstock

【あわせて読みたい】