元カレ巡って「蒼井優VS宮崎あおい」…“不仲説”を覆した芸能人たち 

安藤サクラ 蒼井優  満島ひかり

(C)まいじつ

芸能人同士には多くの〝不仲説〟が流れ、ウソか本当かも分からないまま、ネット上などで大いに盛り上がる。だいたいは本人にスルーされるこの〝不仲説〟だが、直接言及され、説が否定されたケースもある。

現在〝ギャルタレント〟としてブレーク中のみちょぱ(池田美優)とゆきぽよ。2人がバラエティー番組の〝枠〟を取り合い、みちょぱがゆきぽよを共演NGにしていると週刊誌で報道された。

すると、これを受けたみちょぱはツイッターで、《そもそも同じ世代とか同じ路線だったりする人は、大人数じゃない限りだいたい1つの番組に1人で十分だから、同じ番組に出ることってなかなかないので、それでNGだと思われても仕方ないことなのかな?》などと、即座に否定。ゆきぽよも《また御一緒できるときよろしくお願いします》とコメントし、騒動を収束させていた。

加藤浩次とテリー伊藤も不仲説が多く上がっていた。加藤がMCを務めている『スッキリ』(日本テレビ系)にレギュラーコメンテーターとして出演していたテリー。しかし、番組でたびたび2人の意見が食い違うため、不仲説が流れだしたのだ。そしてついにテリーの番組降板が決まり、不仲説が立証になったかと思われた…。

だが、それからしばらくして、テリーが出演した番組に加藤がVTRで出演し、不仲説について「円満じゃなかったらこのVTRに出てない」と否定。テリーの降板が決まったときを振り返り、「もうショックでした。辞めないでほしいと正直に思った」と語っている。

 

本当に不仲なら否定すらしない

蒼井優と宮崎あおいに関しては、誰もが不仲説は真実だと思っていたが、覆された。

「もともと2人は、デビューしたてのころはよく共演していましたが、次第に共演が減り、今では全く共演しなくなりました。理由としては、蒼井の元カレ『V6』岡田准一が宮崎と交際を始め、そのまま結婚にまで至ったことだと推測されています。旦那の元カノと共演するなんで嫌ですからね…」(女性誌記者)

しかし、17年10月に開かれた『第30回東京国際映画祭』で2人は、安藤サクラ、満島ひかりとともに4人で登壇。さらに蒼井が宮崎に対して「あおいとはデビューしたころはよくお仕事をしてて、20代はしばらくバラバラでお仕事して」と言及。舞台裏でも気さくに話し掛けていたようで、間接的に不仲説は否定された。

ちなみに、このときに一緒に登壇していた安藤と満島にも、後に不仲説が発生。だが、『あさイチ』(NHK)に満島が出演して、「マスコミにいっぱい書かれた。信じないでください」「サクラちゃんとも仲良いです」とハッキリ不仲説を否定した。

こうなると、不仲説を否定しない芸能人たちは本当に…。

 

【あわせて読みたい】